〜『キングダム』で学ぶ乱世のリーダーシップ〜 Reader悠介vol.2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キングダムで学ぶ乱世のリーダーシップ

★どんな本

強い集団とは何か。
勝利する集団とは何か。
それを率いるリーダーは。乱世のリーダーの条件10箇条!人気沸騰コミック『キングダム』から『まんがで身につく孫子の兵法』の長尾一洋が「現代」という乱世に必要なリーダーシップを縦横無尽に読み解く!!

★どんな著者

原/泰久
6月9日生まれ。佐賀県出身。2003年、第23回MANGAグランプリにて読切『覇と仙』が奨励賞受賞。2006年、週刊「ヤングジャンプ」9号から『キングダム』を連載開始。2012年にはNHKでTVアニメ化、2013年には第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した。デビュー前の職業はシステムエンジニア

長尾/一洋
株式会社NIコンサルティング代表取締役。孫子兵法家。中小企業診断士。1965年、広島市に生まれる。横浜市立大学商学部卒業後、経営コンサルティング会社に入社。課長職を経て、1991年、株式会社NIコンサルティングを設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

★学び

リーダーシップとは

本書の中でもきちんと定義はされているが、別の表現をするとリーダーシップとは、「 leader + ship 」と書き、船をリードしていく存在でもある。

山の中で遭難すればとにかく麓に降りればいいけれど、海での遭難はそうもいかない。
現在地の診断、方向性の提示、その実現方法などを示していくリーダーが必要である。

本書でもわかりやすく漫画のシチュエーションを紹介しながら解説されているので、ぜひリーダーシップの真髄をご自身の目でご確認いただければと思ってる。

乱世のリーダーの条件10箇条
・人を巻き込み同志とできるか
・率先して範を示せるか
・先を見通し細部まで気を配れるか
・合理的に考え時に非常になれるか
・部下愛を持って人を育てられるか
・前向きさ明るさを持っているか
・すべてを背負う覚悟はあるか
・人間を理解しているか
・熱いビジョンを作り示せるか
・自らを捧げる使命感はあるか

ちなみに、私自身が好きなキャラクターの1人に昌平君という人物がいる。
秦国の軍総司令として知略を働かし、軍師育成も行う天才軍師。
また、自ら先頭になって武力を示し敵将を討つ姿も勇ましく、リーダーシップのモデルとして本当に素晴らしく描かれている。

「私も中華を統ることを夢に描く男の一人だ」第40巻より

「真・善・美」が伴った絶対的なビジョンを共有できる同志のチームプレーはとても美しい。

また、この本を読んで感じたこととして、
・リーダーでありフォロワーであり
・非常合理力や部下愛育力
・善にもなれるし悪にもなれる
そして、
・読者であり発信者であり

など、固定されず常に境界線の上に立ち続け、何にでもなれる自分でありたいなと感じた。

★こんな人にオススメ

以下はその本に合わせて変更してください。
✳リーダーシップを学びたい人
✳学びを実践していきたい人
✳社会で成功したい人
etc…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

fourteen − 7 =

Read4Lead管理人