~たとえる技術~ Readerたいしょうvol.2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
たとえる技術

どうも若手芸人たいしょうです。
今回この本を読むきっかけになったのはそのままたとえをもっと強化したかったからです。たとえてたとえて例えまくりたいのです!!!

★どんな本

日常の会話においていろんな場面で使えると便利な例えの技術を紹介している本。例文がたくさん紹介されているので読んでるだけでも楽しいですよ。

★どんな著者

1970年生まれ、主な著書に、映像化された『去年ルノアールで』や『不戦勝』がある。この本を読んだ後で知ったのですが、元芸人さんでした。

★学び

・どのように例えていくのか
① 視点を変える
例えは大喜利のようなもので近いものから遠いものに変化していくとよい。
例えばこんなアイドルは嫌だというお題だとすると
・恋愛しまくる
・ファンを大切にしない
・農作物をあらす
などなど回答がでてくるわけだが、これは
アイドル→女性→人間→生物
と近いとこから遠い所へ視点を変えることでアイデアが浮かんでくる。
例える時もこのようにいろんな視点をもって見てみるとよい。

② 似たものを探す。
BのようなAという式のBが雲だとすると
  AにBに似たものを入れていく、例えば、綿菓子、煙といった感じだ。

③ 共有しやすいものを選ぶ。
例える時に大事なのが相手とそのイメージが共有できるということである。だから、共有しやすい、学校、有名人、動物を用いるとよい。

★こんな人におすすめ

・例えたい
・おしゃべりがうまくなりたい

この本はとにかくシチュエーションごとの例文が多いので、読む人にあったドンピシャのシチュエーションがあるかもしれません。僕も実践していきます!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

17 − eight =

Read4Lead管理人