~あたえる人があたえられる~ Readerこーへいvol.1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あたえる人があたえられる

★どんな本

ではなぜ人に与えると成功するのか?
元トップセールスマンの著者がその答えをストーリー形式で描く本です!
働き方、生き方全てに応用可能なヒントが込められた1冊。
あまりの面白さに1時間で読み終えてしまいました!
お堅いビジネス書は苦手……もっとシンプルに書いて欲しい。ちょっと最近本を読んでないなぁ……という方には特にオススメの1冊です!

★どんな著者

ボブ・バーグ Bob Burg
元トップセールスマン。
その経験を元に著されたEndlessReferralsが、世界中の組織でトレーニング・マニュアルとして採用されるベストセラーに。
本書を刊行して以降は、ここに示された「5つの法則」を、フォーチュン500企業をはじめ幅広い聴衆と分かち合う著名講演家として活躍。
各界のソートリーダーや元大統領、オリンピック選手などとも演壇を共にする。
その他の著書に『ひとを動かす技術』(ジョン・デイビッド・マンとの共著/大和書房)などがある。

ジョン・デイビッド・マン John David Mann
リーダーシップや成功法則など、ビジネス書を中心に25年以上にわたって執筆を続けるベテランライター。
本書を含むボブ・バーグとの複数の著作のほか、共著多数。

★学び

【受けとるとは、与えることから生まれる当然の結果】
多くの人は受け取ってから与えようとする。
しかし呼吸をするには、息を吐かなくては吸うことはできないし、心臓も膨らむからこそ縮むことができる。このように物事には常に正反対のことが働いている。
だからこそ、受け取りたいのであればまずは与えなければならない。
それが〈与え〉〈受け取る〉という流れを自分の周りに作り出すための第一歩になる。

まずは自らが与えるということ

多くの人はまず自分が得られたら、人に与えようとする。
本書の中にこのような文がある。

銀行に向かって、先に金利をくれ、そうしたら預金してやろうというような態度で物事に取り組んでいる。

少し笑ってしまうような考えだが、人生のどこかでまずは自分の利益を優先し他人よりも少しでも多くのものを得ようとした経験があるのではないだろうか。
そうした、まず相手が与えてくれたらという【受け身】の姿勢や考えこそが、人に与えることをしない一番の原因なのかもしれない。

成功の5つの法則

本書では5つの法則によって、どう与えることが成功に近づくかを説いている。
・ 価値の法則
・ 収入の法則
・ 影響力の法則
・ 本物の法則
・ 受容の法則
与えるだけでもなく、受け取るだけでもない。
その両方を行うことで初めて本書の中で説明されている法則に則った生き方ができる。
それは誰かにつけ入れられるようなものではなく、互いの為に行動をしてしていく第一歩である。

★こんな人にオススメ

・リーダーになりたい人
・なぜ与えることが成功に繋がるのか知りたい人
・働くことについて考えている人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

nineteen − 14 =

Read4Lead管理人