〜世界一ふざけた夢の叶え方〜 Reader麻衣vol.11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
世界一ふざけた夢の叶え方

★どんな本

ベストセラー作家のひすいこたろう氏、100億円企業のオーナーである菅野一勢氏、ネット界の仕掛け人兼フリーサーファーとして世界で活躍する柳田厚志氏。
自分の夢の通りに自分の描く最高のライフスタイルを手に入れた彼らが、
3人で何をし、何を考え、どんな行動を取ったのか、
その秘密が明かされている一冊。

この本で伝えているメッセージ、それは
夢は、「仲間」がいれば早く現実に叶えることが出来るということ。
しかもそれは、
「世界一カンタン」で、
「世界一楽しい」、
それでいて、「世界一ふざけた」
新しい成功法則であるということ。

仲間が全員同じ夢に向かって進むということではなく、
各人の夢を叶える為に、そこに「仲間」の存在があれば、
夢の実現はどこまでも加速していく。
3人の実話に基づいたリアルな物語は、読者に勇気を与えています。

★どんな著者

ひすいこたろう
作家、天才コピーライター。
新潟県出身。日本メンタルヘルス協会の衛藤信之氏から心理学を学び心理カウンセラー資格を取得。
『3秒でハッピーになる名言セラピー』が
ディスカヴァーMESSAGE BOOK大賞で特別賞を受賞しシリーズで60万部を超えるベストセラーに。
ほかにも『あした死ぬかもよ?』『名言セラピー幕末スペシャルThe Revolution!』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、
『心にズドン! と響く「運命」の言葉』(王様文庫)、『HUG! friends』(小学館)など多数のベストセラーを手がけている。

●菅野一勢(すがの いっせい)
情報起業(インフォビジネス)のパイオニア。2003年の暮れ、メールもできない状態からネットビジネスに参入。
そこから1年ほどで1億円を売り上げブレイク。その後、ネットコンサル業を開始。
実践を元に培ったネットマーケティングの知識を活かし、年商1億円超えのクライアントを続出させる。
2006年、インフォトップを立ち上げて、わずか半年で業界でダントツのトップのシェアを取る等、作りあげた実績は数々。
著書に『「他力本願」で金持ちになる人「自力本願」で貧乏になる人』(KKロングセラーズ)、
『時給800円のフリーターが207日で1億2047万円稼いだいちばん簡単な方法』(イースト・プレス)などがある。

●柳田厚志(やなぎだ あつし)
プロデューサー。フリーサーファー。株式会社チアーズ代表取締役。
大学卒業後、単身オーストラリアに渡り、仕事ではなくサーフィンにはまる。
「好きな時にサーフィンができるライフスタイルを絶対に確立する」と誓い帰国。
帰国後「2年だけ働きます」と英会話スクールのベンチャーに入り2年間トップセールス。
転職した出版社ではセミナーやコンテンツ事業を数々成功させた後、ネットやコピーライティングを活かし
セミナー・教材部門の売り上げを入社時の10倍以上にして独立。
またプロデュース会社のチアーズの代表として自由なスタイルで仕事をしながら、
各界のプロフェッショナルをプロデュースし、オンラインスクールやセミナーという形で世の中に展開している。
プロジェクトの企画から最後のサポートまで綿密に設計し、
セールス、クオリティー・顧客満足、そしてユニークさのすべてを最高レベルで実現させる名プロデューサーとして、著者や講師だけでなくお客様にもファンが多い。
最近では、菅野一勢氏と始めた『大富豪プロジェクト』のプロデューサーとして、世界で活躍する日本人の智慧を多くの仲間に届けている。

★学び

3つの「間」

あなたを変える方法は、あなたの「宇宙」を変えることだと。
「宇宙」を変えるとは、3つの「間」を変えることです。

時間
空間
仲間

この3つの「間」こそ「宇宙」です。
そのうえで、僕はこう断言させてもらいます。

仲間が変わったら、すべてが変わる!

3つの「間」を「宇宙」と捉えるひすいさんの感性が新鮮で引き込まれました!

自分を変えたければ環境を変えなさい、とよく言われます。

私自身、幼少期は親が転勤族で転校を重ねてきた経験があります。
高校までは鹿児島、熊本を行き来していた九州の温室育ち、
大学では一人暮らしに憧れて神戸の地で下宿をし、
就職をきっかけに上京と、環境を変えながら人生歩んできました。

また、好奇心旺盛なゆえ、変えてきたのは土地だけではありません。
高校時代には放送部とボランティア同好会をかけもちし、
大学時代には塾講師、ウエディング会場スタッフ、喫茶店の店員と様々なバイトを経験、
NPO法人で国際事業に携わり国内を中心にベトナム、カンボジア、インドでも活動、
さらに学生のキャリア支援にも携わり大阪や名古屋で数々のセミナーを運営するなど
様々な「空間」に飛び込み、「仲間」と出会ってきました。

そして今も私は、
夢に向かってより近づける環境へ飛び込もうとしている
その真っ只中にあります。
だからこそ、説得力ある言葉に強く共感しました。

思い

「何」を売るかの前に、
「誰」がどんな「思い」で売っているのか。
そこが問われるのだと。

人が最後に動くその本質的なところに、
「思い」があると思います。
誰のために、何のために伝えているのか。
誰のために、何のために売っているのか。

難しいのは、自分がお客様のときには
自然に読み取れるくらいよく感じていることなのに
自分が営業側に立った瞬間、その「思い」とは裏腹に
目先の状況に合わせた言葉が出てしまうこと。

でも、ホンモノの営業マンは
いつでも、どこでも、誰の前でも
「自分」と「思い」を武器にセールスを出来る人。

改めて、自分の仕事における「思い」を
見つめなおし現場で伝えていきます!

「どうしたいのか?どう生きたいのか?」
それこそが現実なんだ。
そう僕らは実感しました。

僕ら3人に特別な才能があったわけじゃないんです。
特別なことは1つしかなかった。
それは、「思い」
「思い」だけは凡人ではなかった。「思い」だけはスペシャルにあった。
ワクワクして生きたいという「思い」。
自分の本心に素直に、思い切り生きたいという強い「思い」が僕らにはあったんです。
そして、その「思い」が、同じ「思い」を引き寄せたんです。

「思い」が「思い」を引き寄せて
一期一会が生まれている。
そう思うと、何気ない日常にある出会いは
まさに誰にも等しく与えられた千載一遇の奇跡。
そしてそれを掴むには、
自分がいかに「心を込めて」日々を生きているか。

一度の人生、二度ない人生、
誰の為でもなく、私だけの人生。

素直に、等身大に、思い切り。
思いを言葉や文章にして発信し、
出会いを引き寄せる、
出会いが向こうからやってくる自分づくりを目指します。

世界一強力な夢の叶え方

秘訣はもうこれだけです。
こうであったら最高に嬉しいという、将来の理想的なライフスタイルを強く描く。
それを紙に書く。
応援しあえる仲間をもつ。
目の前のことに一生懸命取り組む。
常にライフスタイルは忘れない。

ひすいさん、菅野さん、柳田さん
他の人にはなく、3人に共通しているのは
とにかく夢が大きく、そしてリアルであるということ。
情景が浮かぶような、感情が沸き起こってくるような
そんな夢をカタチにした言葉が随所に出てきます。
そしてそれが、並大抵では達成できないような大きさなのも、
3人に共通することです。
きっと、そこまで大きな夢でも堂々といえるのは、
1人ではなく、3人で描いた夢、
3人揃って「叶う」と承認した夢だからこそ。
仲間と夢を描き、分かち合うことの可能性も
示唆されているのではないでしょうか。

まずは、夢をよりリアルに、より大きく描くことから。

今自分の心にある夢を、
少し膨らませて、
もう一度描きなおすことから始めていきます。

★こんな人にオススメ

以下はその本に合わせて変更してください。
※今、叶えたい夢がある方
※今、夢を見つけたい方
※自分の仲間の夢の力になりたい方
※自分の人生を
etc…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

two × two =

Read4Lead管理人