〜スヌーピーこんな生き方探してみよう〜 Readerこっしーvol.7

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スヌーピーこんな生き方探してみよう

★どんな本

こんにちは!
今日の本は僕が大好きなスヌーピーの本です!
よくスヌーピーの服を着ているので、ご存知の方も多いと思いますが。笑

実はスヌーピーって心が本当にきれいなんです。
素晴らしい犬なんです。

なのでスヌーピーの名言の中で心に残った言葉をシェアしていきますね!

★どんな著者

チャールズ・M・シュルツ
米国の漫画家。
ミネソタ州ミネアポリス生まれ。
1950年にユナイテッド・フィーチャー・シンジケートによって「ピーナッツ」がシンジケート契約されて、1600以上の新聞に掲載されるまでの人気となった。主人公チャーリー・ブラウン、スヌーピーは素直さ、ユーモアで世界で最も愛されるキャラクターとなった。年間最優秀漫画家賞、ルーベン賞を1955、’64年の二回受賞している。

★学び

★人生の親友に会っているかい?

皆さんは人生の親友っていますか?
スヌーピーは人生の親友を”読書”であると定義しています。

いつでも何があっても、どこにいっても、
この本を読めば我に返れる。
いわば、原点の本です。バイブル書です。

自分にとってのバイブル書は
ミランダ・カーの「TREASURE YOURSELF」です。

皆さんにとって人生の親友って誰ですか?

★雨の日だから出会えるもの

雨は基本的にいいイメージがありませんね。
雨が嫌だなって思った人もいるのではないでしょうか?

僕は部活をやっていた時に
雨が降ってめちゃめちゃ喜んでいた記憶がありますが。笑

ただ、雨の日はいつもと違う日だからこそ、
いつもと違う角度で見ることが出来る。

雨の日だからこそいつもと違う角度で見ることが出来る。
そしていつもと違う音、思索が出来る。

いつもと違うからこそ
いつもと違う学びを得ることが出来るという事なのかなと思います。

だからある意味ルーティンって大事なのかなって思います。
いつも通りを創り出すことで、いつも通り以外の時が意図して創り出され、違う角度からの学びがある。でも、いつも通りが無ければいつもと違う事は生まれませんね。

僕もルーティンがこれだ!!
というものがまだ確立できていないので、やはり朝と夜にこのシェアを習慣化できるようにしていたいですね。

★成長はモノサシでは図れないいんだよ

→成長というのは何か数値として図るものではない。
何故ならマイナスの出来事も、必ず成長に繋がっているからです。

Change期間で思った事は、”全ては必然”であるという事。
例え、マイナスなことがあってもきっと成長に繋がっているから。
もっというと出来事にプラスもマイナスもありませんね。

出来事そのものには何ら意味が無くて、どのように意味づけをしていくか。無機質のものをどこまで有機質に変えられるかですね。

僕は過去が中々受け入れられなくなる時があります。でも、この過去があるから今の自分がいるんだなって感じるし、この過去があったからみんなに出会えて、この環境にいれて、この思考、この行動が出来ているという事を考えると感謝だなって思います。

ずっと過去に対してマイナスのイメージを持っていましたが、意味づけ次第で、いくらにでもプラスに出来る。まさにそれを教えてくれたのはChange期間でした。

ある意味人生は表裏一体だと思います。
マイナスがあるからこそプラスがあるし
嫌いな人がいるからこそ好きな人がいて
不幸があるから幸せがある。

よく瑞季さんが難民の例を出しますが、もし彼らがいなかったら私たちは幸せを感じることが出来ていますか?よく留学から帰ってきた人が言っていますが、
「日本って本当に恵まれている」
それってそのような人がいるからですね。
その人がいるからパラダイムシフトが起きますよね。

だからこそ彼等にも恩返しを兼ねてまず自分たちが幸せになる必要があるし、いずれ彼等にも伝えていく必要がありますね。

★幸せに偏差値はないんだよ

→この言葉がすごく腑に落ちました。
一言なんだけど、すごく深い言葉ですね。

元々偏差値は人と比べて初めて成り立つものですね。
でも幸せって人と比べて成り立つものではないですね。

幸せかどうかはその人が判断するもの。
幸福をネットで調べると
「心が満たされていること」
と書いてあります。

選択理論的に言うと5つの欲求が満たされている状態。

つまりその人の心が満たされた状態が幸せなのであれば、
別にわざわざ数値化する必要なんてないですよね。

人の頭は偏差値で数値化が出来ても、人の心は偏差値で表せられないんだなって感じました。。。

まとめ

スヌーピーって本当に深いですよね。。
純粋ですっーと入っていく感覚があります。

改めて思った事は幸せに生きたらいいという事ですね。笑

もしかしたら今属している組織と違う場所にいたら自分はもっと幸せだったかもしれない。今と違う人生だったらまた別の幸せがあるかもしれない。でも、この組織に入ったからこそここで幸せになる理由があるし、組織の水質を変えることで、自分の人生においても水質を変えられるんだなって思いました!

もっと更に爆発的に効果的な本の読み方が分かったので、もっとペースを速めていきます!!では!!!

こんな人にオススメ

・思考を整理したい人
・色々と考えてしまう人
・幸せになりたい人
・スヌーピーが好きな人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

18 + 11 =

Read4Lead管理人