~時間を忘れるほど面白い 人間心理の不思議がわかる本~ Reader香vol.2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
時間を忘れるほど面白い 人間心理の不思議がわかる本

★どんな本か

思わず、のぞき見たくなる、知らずにいると損してしまうと思える、日常の不思議が紐解かれる。深層心理がわかりやすく解説され、知りたい部分がすぐ読める心理学の本。
好かれる人、デキる人、素敵な人は「これ」に気づいているというような、
知れば知るほど面白くて日常の生活に役に立つ一冊。

★どんな著者

清田 予紀

心理カウンセラー。ペルソナ学会主催。早稲田大学卒。自己表現をうながす心理学講座や講演、カウンセリングを通じて主に若者の心理をモニタリングし、その研究成果を著作に活かしている。

★学び

【相手に「おやっ」と思わせる、効果的なひと言】

人に「えっ」「おやっ」と思わせて、相手に強い印象を残す心理テクニックを『ピーク・テクニック』と言う。
ピークとは、興味をそそるという意味である。

アメリカの心理学者サントスが、この『ピーク・テクニック』を使った面白い実験を行った。
それは、街で道行く人に2通りの言い方でお金を借りるというものだった。
一方の学生には、
「10セントを貸してください」と頼むように指示し、
もう一方には、「17セントを貸してください」と頼むように指示を出した。
結果は、「17セントを貸してください」と頼んだ場合は、半数近くの人がお金を貸してくれたのに、「10セントを貸してください」と頼んだ場合は、ほとんどの通行人に無視されてしまった。
なぜ、そんなに差がついてしまったのか?
それは、「17セント」という中途半端な金額に、通行人が興味をそそられたからである。
中途半端な金額には、きっとそれなりの理由があるのだろうと、興味を抱いて貸してくれたのである。
このように、『ピーク・テクニック』を活用すれば、かなりの確率で人の関心を引き、自分のペースに持ち込むことができるので、仕事や恋愛にも役立つ技術の1つである。

そのほかには、
・「握手」をするだけで、相手がここまでわかる
・よく人に道を尋ねられる人の特徴
・いわゆる「ツンデレ」がモテる理由
・なぜ年々、時が経つのが早くなるのか
・「人はほめられると伸びる」は本当か
など多くの人が何となく感じているもの、思っているものが、なぜそうだったのかわかりやすく書かれている。
また、街中でつい行列に目がいくのも、
映画館だとポップコーンが食べたくなるのも、
頭の中で同じメロディーが“無限ループ”するのも、
「禁止されると余計にしたくなってしまう」のも
日常に起きている現象の深層心理には何があったのか知れば知るほど面白い。
いつの間にか時間を忘れて、飽きずに最後まで楽しめると感じた。

こんな人にオススメ

・心理学に興味がある人
・研究や実験が好きな人
・日常の不思議を理解したい人
・さらに魅力ある人になりたい人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

16 − 13 =

Read4Lead管理人