〜神さまに教えてもらった負けない心のつくり方〜 ReaderヒカルVol.24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
神さまに教えてもらった負けない心のつくり方

★どんな著者

キリスト教伝道師、モチベーションスピーカー。非営利団体「Life Without Limbs(手足のない人生)」の代表を務めている。
彼自身、生まれた時から重度の障害(四肢がない)を負っている。しかし、それにも関わらずいかにして逆境を乗り越え、夢を実現するかをテーマに、多くの聴衆の前で定期的に講演をし、世界中の人々に夢と希望を与え続けている。
メディアにも頻繁に取り上げられ、ABCテレビの「20/20」、ロサンゼルス・タイムズ、TBN、「The 7000 club」、「Life Today」などから、多数のインタアビューを受けている。
かつては長くオーストラリアに住んでいたが、現在は妻のカナエ、息子のキヨシと共に南カリフォルニアで暮らしている。
著書に『それでも僕の人生は「希望」でいっぱい』などがある。

★どんな著者

誠実という実

もしこうだったらとか、あのときこうしていればとか悩んでばかりいるよりは、今自分が置かれている状況に誠実でいる方がずっといい

「誠実」という言葉にはいろんな意味が込められているが、大きく分けて二つに分けることができる。

一つは、「相手に対して誠実」であること。
世間一般でいう誠実な人は、頼れる人、信頼できる人、裏切らない人、ブレない人等をイメージするだろう。
そういう人は、なぜ誠実だと言われる存在になっているのか。
それは、やると言ったことはやり、約束は守り、有言実行に徹しているから。
だからこそ信頼を勝ち得ることができ、多くの人から信頼を得ることができる。
それが、相手に対して誠実であるということである。

もう一つは、「自分に対して誠実」であること。
どんなに傷ついたり、苦しいことがあったとしても、自分を曲げるようなことは決してしてはいけない。
何があっても、自分で自分の可能性を否定することはあってはならない。
苦しい時こそ自分に誠実に生きる。
辛い時こそ自分には価値があることを信じる。
それこそが自分に対して誠実に生きることであり、誰よりもそれを自分が信じ続けることで、未来を切り拓いていくことができるのである。

思考と行為はコントロールできる

どんなにネガティブなことが起きたとしても、それだけで心の平安や人生の喜びが失われることはない

人は不幸なことが周りに起こると、それに伴って自分は不幸だと思いこんで生きている人が多い。
そうして心を閉ざし、自分は幸せになれないという人で溢れているのである。
しかし本来、どんなにネガティブなことが起こったとしても、自分が幸になるか不幸になるかということは関係ない。
それは、自分がそう思い込んでいるだけである。
たとえ否定的な感情に襲われたとしても、その感情に人生を流されないという選択をすることができる。
出てきた感情はコントロールすることはできない。
その感情を否定すると自分自身が苦しくなり、やがて爆発する。
感情は受け入れること。
その上で感情に流されることなく、思考と行動を管理していくことはできる。
自分は幸せになれることを疑わないこと。
そして、自分が幸せになるためにベストを尽くすこと。
そうすれば結果は必ずついてくる。

いくらきみが自分は1人だと思ってもほんとうは1人なんかじゃない

辛いことや悲しいこと、そしてそれが自分のコントロールできないところであればあるほど、自分には価値がないと人は感じる。
自分なんてと思うことが多くなる。
実際、著者のニックさんは、数々のいじめを受け、自殺を試みたこともある。
自分は人とは違う、生きる価値はないと、ずっと自分をふさぎこんでいたこともある。
それでも、両親や、周りの人から多くの愛情をもらい続け、自分は一人じゃないこと、自分には価値があることを知った。
自分の体にある障害はただの障害ではなく、「障害」というギフトを自分に与え、困難があるからこそ人は強く生きていけることを、神が証明するために自分は障害があると考えている。
四肢がないほどの障害ではなかったとしても、人にはそれぞれ自分自身に対して様々な壁がある。
諦めたくなるような高い壁が目の前に立ちはだかることもある。
それでも、神は超えられない試練は与えることはない。
今のその人に相応する壁を与えるのである。
壁にぶち当たった時、周りを見渡して欲しい。
前の壁しか見えなかったのが、周りを見ることでたくさんの仲間に支えられていることがわかる。
そして、限界を突破し、その壁を超えて、人は一回りも二回りも大きくなる。
たくさんの、自分を信じ愛してくれる人がいるからこそ、その力を発揮し、前へと進むことができるのである。

★こんな人にオススメ

以下はその本に合わせて変更してください。
・今、壁にぶつかっている人
・ネガティブな思考が先行する人
・人生の希望がなかなか見いだせない人
・幸せに生きていきたいと願う全ての人
etc…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

eighteen − thirteen =

Read4Lead管理人