~一瞬で人生が変わる恩返しの法則~ Reader麻衣vol.8

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一瞬で人生が変わる恩返しの法則

★どんな本

あなたが感謝すべき人、
10人の名前を挙げなさい。
そして1年以内に、
10人全員にあなたの感謝を伝えなさい。

この本で伝えられているのは、
『恩返しの法則』
人としての「器」、
いわば自分の心の枠を大きく拡張させる為のヒント。

あなたに与えられた、
たった一度限り、唯一無二のあなただけの人生。
『恩返しの法則』を実践すれば、
あなたの人生の本当の意味、見えてくるかもしれません。

★どんな著者

西田文朗 株式会社サソリ代表取締役会長
1970年代から科学的なイメージトレーニング研究を始め、能力開発プログラム「SBTスーパーブレイントレーニング」を構築。
国内のスポーツ、ビジネス、受験、その他多くの分野に科学的、実践的なメンタルマネージメントの導入を行っています。
あらゆる分野で成功者を出していることから、『能力開発の魔術師』との呼び名も。
現在、トップアスリートのメンタルアドバイザーや、企業の社員教育、ビジネスマンの潜在能力開発セミナーなど講師として指導に当たっていて、
経営者だけに開催している「西田塾」は、全国から参加者が集まり門下生は数千人に上っています。
また本書他、「面白いほど成功するツキの大原則」、「人生の目的が見つかる 魔法の杖」(現代書林)等多数の著書を出版されています。

★学び

恩返しの法則

あなたが感謝すべき人、
10人の名前を挙げなさい。
そして1年以内に、
10人全員にあなたの感謝を伝えなさい。

これが、西田先生のいう『恩返しの法則』です。
「10人に感謝を伝える」、一見容易なことのようにも思えます。
でもこの「10人に感謝を伝える」という行為で、人生が一変するのだと
西田先生は断言されています。

なぜ、それだけで人生が変わるのでしょうか?

それは、西田先生いわく、誰もがそのことを「出来ていない」から。

皆さんが口にする「感謝している」は、
じつは「感謝しなければならない」「感謝すべきだと思っている」
の意味であることがほとんどです。

つまり、頭では感謝している「つもり」になって満足している人が大半であるということです。
「言われてみれば…!」という人も多いかもしれません。
だからこそ、『恩返しの法則』では
まず「行動」する、実際にその人のところへ赴き言葉を伝えることを説いています。
感情を行為に落とし込むことで、本当の意味での「感謝」に気づく。
そのための方法論がこの法則です。

人間は、自分ひとりの力では、幸せになれません。
人間は、自分以外の人との関わりによって、「心からの幸せ」を感じるのです。
ですから、「恩返しの法則」を実践して、
「自分の人生は、自分だけの人生ではない」
「自分は、多くの人に支えられながら生きている」
ことに気づくことが、「心からの幸せ」を感じる源泉であると、私は信じています。

私も、さっそく10人浮かべてみました。
母親、父親、祖父母、パートナー、妹弟、友人、学生時代のバイト先の店長、就職時代にお世話になった方…。
10人に絞るとなると、これがなかなか難しいものです。
それでも書き出してみると、いつも伝えているような人に対しても、
「まだ伝えられていないことがある。伝えなきゃ!」と思えてくるから、不思議なものです。

さあ、期限は1年。私の中での法則は、もう動き出しています。

自分自身も、実践してみたいと思います。
一年後、この記事が書き変わっているかもしれません。^^

「恩感力」

「大成功者」になるには「恩感力」が必要。

この本の中では、「人間的成功」を手にした人が共通に持っているという三つの「力」を説いています。
その中でも最も成功のカギを握っているのが、この恩感力。
読んで字のごとく、恩を感じる力、すなわち感謝する力のことです。

「人間力」とは、要するに、「恩を感じる力」(恩感力)のことです。
「勝てばいい」という常識の世界に捉われず、日本人が培ってきた「恩感力」を高めることが大切なのです。

私の言葉で解釈するならば、自分のもつ権力や成功に奢ることなく、“ありがとうございます。お陰様です。”と縁ある人の功を立てて感謝する心、それが「恩感力」なのだと思います。
西田先生は「恩感力」を説く傍らで、この謙虚さを伴った、古来より日本人が培ってきた「人間力」が最近粗末にされつつあるとも、警鐘を鳴らしています。
先祖から受け継がれてきた、美しい日本人の心、「恩感力」。
高めれば高めるほど、経済的にも人間的にもますます豊かになっていく。
いつまでも、大切に育み続けていきたい力です。

では、どうやったら「恩感力」を高められるのか。
それは、西田先生曰く、感謝を伝えるという行動から。

「恩感力」を高めるには、お世話になっている人のところへ会いにき、感謝の気持ちを伝えればいい。

言うは易し、行うは難し。
特に私にとっては、両親は熊本、祖父母は鹿児島に住んでいて、学生時代を神戸で過ごして今上京している為、「会いにいく」だけでもちょっとしたハードルがあります。
だからこそ、やる!と決めて行動することに大きな意味があるのでしょう。
自身のうちにある恩感力を高め成長していく先に、目指す成功がある。
私には、成功した暁、喜んでほしい人たちが沢山います。
そんな人たちのために今出来るのは、まさに「今」をがんばり、成長すること。
そして、西田先生の言うように、先回りして感謝を伝えていくということ。
改めて、感謝することの価値を学びました。

★こんな人にオススメ

✳︎「人間力」を磨きたい方
✳︎叶えたい夢や目標がある方
✳︎今の自分の殻を破りたい方
✳︎「感謝」「天運」といったキーワードに興味が湧く方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

one × four =

Read4Lead管理人