〜PLAY JOB〜 Reader瑞季Vol.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PLAY JOB

はじめに

みなさん!こんにちは!
グアムから帰ってきて
先週は真っ黒なまま、
2015年度最後のmyself
開催してきました*\(^o^)/*

アシスタント、受講生合わせて
約90名の若きリーダー達と
過ごした4日間は最高の4日間でした

思えばこの1年間myselfを
護ると決めてくれた彼らのことを
考えなかった日は365日で
1日もありませんでした。

大切な大切な仲間を見送るのは
これで2度目ですが、
大切な仲間達と
myselfの4日間を共に過ごすことが
無い事を想うと淋しくて
少し涙してしまいましたorz
昨日の卒業式も可愛い可愛い
15卒に囲まれて本当に幸せでした^ ^

ラストメッセージでも伝えましたが
打席に立ち続ける事を
止めないこと。

本当に15のみんなには
自分の人生に悔いなく
心の炎を燃やしきり、
生ききって欲しいです

15卒の皆さん
改めて卒業おめでとうございます^ ^

★どんな本

さぁ今回のReader瑞季は

【PLAY JOB~仕事楽しんでる?~】

愛しの彼女の美帆ちゃんに
誕生日のプレゼントを渡したところ
「お返し」ともらった本です*\(^o^)/*

【ビジネスを遊びに変える発想術】

という帯の言葉の通り
ユーモアを交えながら世の中の
ビジネスマンが陥り易い罠や
矛盾について指摘する。
そして、我々の常識を楽しく、
写真を交えながらリニューアルしてくれる。

いまの自分には、
とても想像できないほどに。

この本は、
ポケットに入るインスピレーションです。

★どんな著者??

ポール・アーデンさん
英国で数々の伝説を残している
天才クリエイター。
手がけた広告は
トヨタ、ブリティッシュ・エアウェイズ、
インターンシティー、フジカラーなど
数え切れない。

★学び

———————————

この本は
「常識はずれな行動」
の重要性を説明している。

「無茶をすること」が
いかにあなたの人生を安定させるか。

「まともじゃない方法」が
なぜ論理的な方法よりも
優れているのか。

そんな矛盾について、
偉大なビジネスマン・哲学者・
アーティストたちの言葉や、
新鮮で刺激的な作品、
ポール自身の身近で
起こった出来事などを例に
解説されている。

この本はあなたが以前考えていたこと
(例えあなたが以前何を考えていたか、
自分で知らなかったとしても)
をめちゃくちゃに壊すだろう。

その代わり、
いくつかの確信を与える。
人生はもっとリスキーに生きた方が良いし、
仕事はもっと面白おかしくなった方が良い。

そして想像を遥かに超えるほど、
自分はもっと自由で、
適当で、
でたらめな人間になった方が良い、
という確信である。

この本を読んだ後は、もう何かに悩んだり、
迷ったりする必要はない。

どうしても決められないときは
ただサイコロを振ればいいのだから。

———————————

これがこの本の冒頭の言葉。
僕自身が考えてきたことと
一致しすぎて、驚いた。

「悩んで答えが出ないものは鉛筆転がせ」
と何度も伝えてきたものと
同じ答えで、
価値観がとても合った。

流石3年半付き合ってる
彼女の美帆ちゃんセレクト*\(^o^)/*

★こんな人にオススメ^o^

学生だろうと
営業マンだろうと
経営者だろうと
関係なく、
自分の人生観、仕事観を
激しく刺激的なものに
してくれる本でした*\(^o^)/*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

4 + 7 =

Read4Lead管理人