〜自由で在り続けるために20代で捨てるべき50のこと〜 Reader瑞季Vol.63

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自由で在り続けるために20代で捨てるべき50のこと

★どんな本

今後の自分にプラスにならないと思ったものは潔く捨てればよい。
捨てれば捨てるほど、視界と思考から
ノイズが取り除かれ、本当にやりたいことが明らかになる。
人生は余計なものを削ぐことで自分らしさを取り戻す。

捨てれば捨てるほど集中力が高まり、本当の能力が引き出される。

誘惑や悩みや葛藤の多い20代を自分らしさを
見失うことなく、強く逞しく生きる為に
捨てるべき50のものを書き上げた本書。

現在ニュージーランドの湖畔でノマドワーカーをしている
著者の自由なライフスタイルのススメを本書で書き上げる。

★どんな著者?

四角 大輔さん

Lake Edge Nomad inc.代表。
レコード会社のアーティストプロデューサー時代に
7度のミリオンセールス、CD売上累計2千万枚を記録。

現在はニュージーランドと東京を拠点都市、
大自然と都市空間を往来するノマドライフを送りながら、
クリエイティブ、アウトドア、ニュージーランド関連企業のアドバイザーを務める。

★学び

①出し惜しみ癖を捨てる。

モノ、人、仕事、お金、そして水。
なんでも一か所に留めておくと次第に淀み始める。

それはやがてやる気や体力を奪う毒になる。
あまり使わなくなった道具があればそれを喜んで使ってくれそうな人を探そう。
今やってる仕事でも、それをやってみたい人がいたら譲ってしまおう。
素敵な人に出会ったら、より付き合いが深くなりそうな人に紹介しよう。
最終的には、自分の手元から全てなくなるという不安があるかもしれない。

でもぼくらは元々何も持たず全裸で生まれて来ているんだ。
見返りは求めなくていい。
人でも、仕事でも、お金でも、実は全体量は変わらない。
出したら出した分だけ、また新しいものが入ってくる。
そして多くの場合、本当にほしかったものが向こうからやってくる。

大切なことは、「自分が何が大好きか」をはっきりさせておくこと。
「これくらいならあげる」から「タダでいいからどうぞ」へ。

②古い地図を捨てる。

みんなから総スカンを食うのが怖い?
自分のアンテナを信じる覚悟を持たない人は、
いつまでも他人の意見に振り回され続けるしかない。

いいものは、いい。
〝アタマ”を信じるな。
目を閉じて、頭をからっぽにして、心の耳で聴け。

能力や才能は人によって差があるが、〝感じる力”は完全に平等。

色とか音、言葉の響き、
漠然とした感触、なんか気になるもの、
どれが正解か決めるのは心。

心臓が高鳴る、鳥肌が立つ、背骨が熱くなるといった〝身体が浮く”ような感覚。

シンプルに、気持ちいいか気持ちよくないか。
ただその感覚にアクセスすればよい。

多くの人の心に届く、エネルギー溢れるモノは
計算やデータの塊ではなく、もっと根源的な目に見えない
〝なにか”で出来ている。

言葉にならない想いは、説明なんかしなくていい。
とことん信じ抜くだけ。
どれだけ惚れ込めるか、熱くなれるか。
そして愛せるか。

過去の実績や業界の常識、そして頭で考えたことに最初から縛られてはいけない。

頭を使うのは最後。

心のど真ん中にあるその衝動を形にするためだけに使う。

そのとき、脳みそは酷使し尽くす。頭痛で全身が痺れる位に。

この順番さえ守れば、それが結果に繋がり、仕事はすぐに楽しくなるはず。

「今までどうだったか?」から「今どう感じているか?」へ。

③先送り願望を捨てる。

やるか、やらないか。

〝やる理由”〝できない言い訳”を考えたらいくらでも
別の予定や悪い都合を産み出すことが出来る。

新しい行動は、いつもはじめる直前が
最も気が重くて、怖いものなんだ。

後回しでいいんじゃないか?
自分にはふさわしくない?
やる意味は本当にあるのか?

そう思って先送りにすればするほど、いざ跳ばなきゃいけない時のハードルは高くなってしまう。
不実行こそが、人生を不自由なものにする。
出来ないことより、やらないことのほうが恥ずかしい。

とにかくまずは、頭を空にしてアクションを起こすこと。

うまくやらなくていい。
最初はもちろん下手くそだっていい。
不安な時はその不安を受け入れて、どうしたいかを明確にしてみる。
そうすれば不安は課題に代わる。
実際にやってみれば意外と簡単だったり、新しいヒントが見つかったりする。

まず始めてみよう。
新しい世界、未知なる景色に必ず出会えるから。

「気が重いからやめよう」から
「やってみたらわかるだろう」へ。

★こんな人におすすめ

*20代のすべての方
*雑然としている日常を変えたい人
*決断できる自分になりたい人

etc…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

18 − six =

Read4Lead管理人