~【新訳】留魂録~吉田松陰の死生観~~ Reader大成vol.1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【新訳】留魂録~吉田松陰の死生観

★どんな本

数多くのトップリーダーを輩出した「松下村塾」。
その「松下村塾」を主宰した吉田松陰。

吉田松陰は、幕末という先の見えない日本に対し、何を思い、何を大切に生きたのか。

人を育てる、導く立場にある全ての人に読んで頂きたい1冊。

★どんな著者

松浦光修

昭和34年、熊本市生まれ。
皇學館大学文学部を卒業後、同大学院博士課程に学ぶ。
専門は日本思想。

歴史、文学、宗教、教育、社会に関する評論、または随筆など、幅広く執筆。

現在皇學館大学文学部教授。博士(神道学)

偉大な人物である吉田松陰について、当時の姿を読者の皆様に知って頂きたい。という思いから本書を執筆。

★学び

・自らの死生観(今日が最後の1日でも後悔ないかということ)を考え直したこと。
・物事への考え方、捉え方がポジティブになった。
・指導者としての葛藤を知れたこと。

日本人としての誇り

身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂

“武士道”と称される、誇り高い生き方。
その言葉はまさに吉田松陰にぴったり。

死ぬ瞬間まで志を貫き、忠義を尽くした。
そんな日本人がかつていたこと。
そして、何を大切に生きていたのか。

そこに触れることで、読み終えると
「世のために。人のために。」
と込み上げるものがあります。

“私”を“更新”しつづけたひと

常に前を向きつつ、死によって、みずからの命が断ち切られるまで、“私”を“更新”しつづけてやみませんでした。いわば死ぬまで“学び”の姿勢を崩さなかった人である

この姿勢があるからこそ、指導者として卓越したと考えられる。

人を教え育むために、自ら実践した姿。
その姿があり、事実として日本を引っ張るトップリーダーを、何名も輩出している。

★こんな人にオススメ

・将来、指導者になりたい人
・人を育成する立場にある人
・日本人の誇りに触れたい人
etc…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

17 − 8 =

Read4Lead管理人