~ミッション 元スターバックスCEOが教える働く理由~ Reader ayame vol.2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ミッション 元スターバックスCEOが教える働く理由

★どんな本

「僕たちは、何のために働くのか」
スターバックスとザ・ボディショップで、ブランドを見事に再生させた経営者による働くことの本質的な価値を探す1冊。

★どんな著者

■岩田松雄(いわたまつお)
元スターバックスコーヒージャパン代表取締役最高経営責任者。リーダーシップコンサルティング代表。
1982年に日産自動車入社。製造現場、飛び込みセールスから財務に至るまで幅広く経験し、社内留学先のUCLAビジネススクールにて経営理論を学ぶ。帰国後は、外資系コンサルティング会社、日本コカ・コーラ ビバレッジサービス常務執行役員を経て、2000年(株)アトラスの代表取締役に就任。3期連続赤字企業を見事に再生させる。
2005年には「THE BODY SHOP Japan」を運営する(株)イオンフォレストの代表取締役社長に就任。店舗数を107店から175店に拡大しながら、売上げを約2倍にして一躍脚光を浴びる。伝説の創業者、アニータ・ロディックからの信頼も厚かった。
2009年、スターバックスコーヒージャパン(株)のCEOに就任。「100年後も輝くブランド」に向けて、安定成長へ方向修正。ANAとの提携、新商品VIA(スティックコーヒー)の発売、店舗内wifi化、価格改定の実行など次々に改革を実行し、業績を向上。日本に数少ない”専門経営者”として確固たる実績を上げてきた。
2010年、日産時代に留学していたUCLAが設立75周年を記念して、歴代全卒業生3万7000人から卒業後に世界で活躍する100人「Inspirational Alumni 100 Points of Impact」を選出し、受賞(日本人は4名)。
2011年にリーダーシップコンサルティング設立。2012年から(株)産業革新機構に参加している。

★学び

あなたの火花散る一瞬はいつか?

「この工場で価値を生み出しているのは、あの火花が散っている瞬間だけなんだぞ―」
もう30年も前のことになります。大学を卒業して日産自動車に入社した私が、研修や工場での実習を終えて本社の購買管理部技術課に配属され、車体溶接工場を見学していたときのことです。
まだ塗装されておらず、むき出しの、鈍いグレーの部品が、産業用ロボットに抱えられて次々に組み合わされます。そこに溶接用のアームが伸びてきて、正確に火花を散らせ、つなぎ合わせて自動車のボディを形作っていきます。
(中略)
価値を生み出しているのは、火花が散っている瞬間だけ。
その言葉を、当初私は、よく理解できませんでした。
火花が散る瞬間、つまりボディが形作られていくまでには、さまざまな工程がある。ディを運搬したり、向きを変えたり、部品を在庫したり。それなのに、あのまぶしい瞬間だけに価値があるとはどういうことなのか?
(中略)
「この工程で価値を生んでいるのは鉄板同士が溶接されてくっつくということだけ。あとは何も関係ない。部品の運搬をどう効率的にやろうが、在庫を抱えている時間が何日あろうが、会議で何を話し合おうが、それは本質的に価値を生み出していないんだ。あの火花が散っている瞬間だけが、価値を生み出している。そういう目で現場を見なさい」

火花が散る瞬間。それは価値を生み出している瞬間。
著者の岩田氏は、「ザ・ボディショップ」での火花が散る瞬間は、お買い上げいただいたお客様を、笑顔で気持ちよく送り出す瞬間、つまり、お客様が満足感を得た瞬間であると述べています。
では、私の仕事での火花が散る瞬間とは、一体いつなのでしょうか。

私は現在、大手人材紹介会社にてリクルーティングアドバイザーとして働いています。人を採用したい会社と、転職希望者をマッチングし、企業の採用活動を成功させることが私の仕事です。
そんな私の仕事での火花が散る瞬間。それは、「〇〇さんが御社への入社を受諾しました」という、入社決定の連絡をする瞬間だと思っています。
採用の計画を立て、求人募集を開始し、何人もの候補者の書類選考、面接を重ね、内定を出す。ここまでに、多くの企業様は何ヵ月もの時間をかけています。そしてその先にある入社の決定。企業様にとっても、人材エージェントである私にとっても、価値ある嬉しい瞬間です。さらにそれは、転職者にとっても、人生の転機である転職という大きな挑戦が、成功した瞬間です。

そんな嬉しい瞬間、つまり火花散る瞬間の積み重ね、それが「売上」であると私は考えています。
そして、どれだけその火花散る瞬間を作り出せるのかという目標が、営業である自分に毎月課されている「ノルマ」であると思っています。

僕たちは何のために働くのか

スターバックスはコーヒーを売っているのではない

皆さんは、スターバックスの掲げているミッションをご存知でしょうか。
それは、「人々の心を豊かで活力あるものにするために―ひとりのお客様、1杯のコーヒー、そしてひとつのコミュニティから」ということ。
岩田氏は本書内でこう述べています。

人々の心を豊かで活力あるものにするためにコーヒーを売っている。つまり、コーヒーが手段で、人々の心の豊かさ、活力が目的。

決して、コーヒーを売ることが目的ではありません。目的、つまりミッションを成し遂げるための手段として、コーヒーがある。

あなたが働く目的は、何ですか?
私が働く目的は、「誰もが笑顔でいられる世の中をつくること」です。
そのための手段として、人材エージェントとして企業の採用活動と転職者の支援を行っています。
今の日本人はきっと、余暇の時間よりも働く時間の方が長い。だから、働く時間が楽しいと思えれば、それはきっと人生が楽しいと思えることに繋がると思うんです。
だから私は、転職という人生の大きな転機に関わって、その方が心の底から楽しいと思えるようなお仕事に就けるようにサポートをしたい。
そういう想いをもって、働いています。

もう一度聞きます。あなたが働く目的は、何ですか?
あなたのミッションは、何ですか?

仕事に行き詰ったとき、目標数字ばかりを気にしてしまっている時、私はいつもこの目的に立ち返ります。
私は、誰のために、何のために、そして、なぜ働いているのか。

本書は、そんな働く目的を、ミッションを考えるきっかけをくれる素敵な1冊です。

★こんな人にオススメ

■自分の働く目的を明確にしたい人
■自分のやりたいことを見つけたい人
■組織を引っ張るリーダーの立場の人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

one × 5 =

Read4Lead管理人