〜ルフィと白ひげ 信頼される人の条件〜 Readerヒカル Vol.10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ルフィと白ひげ 信頼される人の条件

⭐︎はじめに

はい、みなさんこんにちは。
気付けばもう10回目ということで。
毎回投稿するたびに誰かにコメントをしていただいて。
「見たよ!!」
ってゆうお声を頂いて。
本当にありがたい話です!!
本当に皆さんの言葉に力をもらっています!
これからも更新していきますので、
今後ともよろしくお願い致します!!
と、いうわけで、
今回の本はこちら!!

⭐︎どんな本

『ルフィと白ひげ 信頼される人の条件』
著者:安田雪氏
ワンピースの主人公である「ルフィ」と、
白ひげ海賊団のトップであり、生きる伝説とうたわれている
白ひげこと「エドワード・ニューゲート」
この二人の共通点は、どちらも圧倒的な信頼を仲間から得ているということ。
なぜこの二人がこれほど信頼されているのか。
リーダーシップとは何かということを交えながら紐解いていく一冊。
ルフィは未来に向かってひたむきに進んでいく。
その姿に心打たれる人も多いと思います。
一方、白ひげは、一家の「オヤジ」という立場的存在で、
何があっても全責任は自分にあり、すべての仲間を守るというスタイルです。
共通点は何か?
それは、仲間に夢を見させるということです。
つまり、仲間の一人ひとりが自由にやりたいことをしているということです。
そして、最後の砦として常にいる存在であり、仲間一人ひとりに対して絶対の信頼をしている。
だからこそこれだけの人を巻き込む力を持っているのです。

⭐︎学び

そのことが顕著に出ているルフィの言葉があります。

「支配なんかしねえよ この海で一番自由な奴が海賊王だ!!!」
(巻五十二 第507話「黄猿上陸」より)

まさにその通りだなと思います。
仲間一人ひとりの個性を尊重し、尊敬し、その上で一人ひとりを信頼して自由にやらせる。
仲間の強みが生かされる瞬間があれば、なんの躊躇もなくその仲間を100%信頼します。
これが、これからの時代のリーダーシップだと言われています。
みなさんは、仲間を信頼し、個性を尊重し、自由な環境を作り出せていますか。
一人ひとりがイキイキする瞬間というのはまさにそれが出来上がっている時だと思います。
みなさんも、
誰よりも高い志を持って、
誰よりもメンバーのことを愛し、信頼して、
そして、
自分が組織の最後の砦となる意識を常に持つ。
そんな生き方を共に歩んで行きませんか?
きっと、新たな世界が待っているのではないかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

10 + 2 =

Read4Lead管理人