~会社では教えてもらえない 上に行く人の報連相のキホン ~ Readerふみvol.3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

★どんな本

※本の説明
報連相は社会人として常識!基本の「き」!
しかし、仕事に慣れれば慣れるほど、なかなかできない人がほとんど、、、
私自身、報連相が大事ということはわかっていながらも、
行動に移せていないことが多かったように思います。

その一方で、
成功している人ほど、報連相を大切にしています!!

本書では、
★後回しにされない報告
★信頼を得る連絡
★上手な相談方法
★上司を動かす報連相
について徹底的に解説されています。

これを読めば、報連相をマスターし、
人から応援される人間になれること間違いなし!!

★どんな著者

車塚元章(Motoaki Kurumazuka)
株式会社ブレイクビジョン代表取締役
人材育成コンサルタント・研修講師
東京都生まれ、青山学院大学経済学部卒業、
ビジネス・ブレークスルー大学大学院修了MBA。
新日本証券株式会社(現みずほ証券)などを経て、
1996年経営 コンサルティング会社を設立し、
コンサルティング業務や講演活動に従事する。
こうした経験から”人を育てる”重要性を改めて感じるようになり、
現在は人材 育成コンサルタント・研修講師として、
ビジネスパーソンのスキル開発に力を注いでいる。

★学び

なぜ報連相が大事?

なぜ報連相があるのでしょう?

報告 :情報をもとに上司が次の判断 、指示をしやすくするため
連絡 :関係者との間で 、情報を共有するため
相談 :一人では解決できない事柄について 、意見やアドバイスをもらうため

仕事は、個人プレーではありません。
上司、部下、先輩、後輩関係なく、
チームで達成するものです。
上記の目的をしっかり捉えてから
報連相を行うことで、
どんどん仕事を任されるようになります。

報連相はコミュニケーション

報連相とはコミュニケーション。
この言葉にハッとしました。
報連相無くしてコミュニケーションは取れず、
コミュニケーション無くして信頼関係は築けないということです。

信頼関係を築くには、
「相手が必要な情報」と、「相手が知りたい情報」
をしっかり伝える必要があります。

そのためには様々な方法があります。
①伝えなければならない情報を3つにしぼる
②5W2Hを利用して情報を整理する
③報連相のタイミングを事前に決めておく
④結論から伝える
以上のことを徹底して行動し、信頼関係を築いていくことが大切ですね。

★こんな人にオススメ

・応援される人になりたい人
・仕事ができるようになりたい人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この本を読んでみたいと思ったあなたへ

Read4Leadでは、世の中にあふれている本の中からビジネス、文芸作品(小説、詩集)、自己啓発などあらゆるジャンルの中から厳選した本を紹介しています。

あなたが今まで読んだことのない本や読まないジャンルの本も概要を知って楽しんでください。

この記事で紹介された本についての詳細情報は下の画像ボタンからお進みください。

▼詳細はコチラ▼


この本を見にいく

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

18 − six =

Read4Lead管理人