〜世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事〜Reader 健太郎 vol.2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どんな本?

健康に良い食事ということは、巷ではよく聞くが、科学的に証明されているのかが問題である。
世の中には、たくさんの情報が溢れているだからこそ、大切なのは、エビデンスがあるということを教えてくれる。
シンプルかつ、わかりやすく、実践に移しやすい本。

どんな著者

津川友介(つがわゆうすけ)
カリフォルニア大学ロサンゼルス校 ( U C L A )内科学助教授 。東北大学医学部卒 、ハ ーバ ード大学で修士号 ( M P H )および博士号 ( P h D )を取得 。聖路加国際病院 、世界銀行 、ハ ーバ ード大学勤務を経て 、 2 0 1 7年から現職 。共著書に 『週刊ダイヤモンド 』 2 0 1 7年 「ベスト経済書 」第 1位に選ばれた 『 「原因と結果 」の経済学 :デ ータから真実を見抜く思考法 』 (ダイヤモンド社 ) 。ブログ 「医療政策学 ×医療経済学 」で医療に関する最新情報を発信している 。

学び

「この5つを抑えるべし」

長生きするために必要なのは、科学的根拠に基づいた食事であるかどうか。

「数多くの信頼できる研究によって本当に体に良い(脳卒中、心筋梗塞、がんのリスクを下げる)と考えられている食品は
①魚 、
②野菜と果物 (フル ーツジュ ース 、じゃがいもは含まない ) 、
③茶色い炭水化物 ★ 1 、
④オリ ーブオイル 、
⑤ナッツ類

の 5つである 。

健康に悪いと考えられているのは 、
①赤い肉 (牛肉や豚肉のこと 。鶏肉は含まない 。ハムやソ ーセ ージなどの加工肉は特に体に悪い ) 、
②白い炭水化物 、
③バタ ー

などの飽和脂肪酸の 3つである」

私は、常日頃から、食材(主に生鮮野菜 )を扱っている。
素材には、本来持っている力があり、その力を最大限に引き出すものが調味料だと考えている。
日本人だから良いという問題ではなく、科学的に証明されている食事というのは、研究対象として、様々な人を対象としている。
だから、日本人の体にとって良いものということではなく、
大事なのは、万人に共通することだと私は考えている。

そして、今回
特に大事だと感じ、日頃から大切にしているのは、茶色い炭水化物を取るようにしていることだ。

私は、昔からお米が大好きで、多い時だと、一食で四合を平らげる程のコメ好きである。それとともに、どんなに食べても体には吸収されない体でもあった。

人から羨ましいと言われていたが、もともと冷え性と多汗症があり、私にとってはいいとは思えなかった。
そんな時に、私を変えてくれた1つのきっかけがある。

玄米との出会いだ。
玄米にこだわった料理を開発する
マクロビオティックという考え方に出会い、その先生は出会ったことだ。
私は、今までは、お腹を満たすために食事をとっていた。
しかし、玄米を食べた時に、一合も食べれなかったのである。

それが不思議でならなかった。
それからは、玄米になぜかのようなパワーがあるのか気になったので、先生に聞いてみたことがある。

すると帰ってきたのは、自然本来のエネルギーを玄米はたっぷり持ってるからよ。
という言葉が帰ってきた。

自然本来のエネルギーってよくわからなかったが、素材にエネルギーが宿っているということを初めて知った。
それからは、体に悪いと言われる白米を極力食べないように、雑穀米を中心に有機野菜を使って自炊をしている。

「体に良いものを取り入れる」

今自分自身が、よくないと思っていることがある。
たまにどうしても、ポテトチップスを欲することがある。
一度食べれば、快楽に襲われ、貪るように食べるのだが、手にした結果は、虚無感と、心臓の鼓動が早くなるという結果だけ。
つまり、体に悪い食事というものは、体に何らかの反応が起こるものをさす。
私の場合は、体質改善のために、ハーブデトックスをした。
その結果として、顕著に現れたのが、食べたら食べた分だけ太る。
そして、体に良くないものを食べると顔にむくみが現れる。
そして、その自分を見ることに嫌感を感じ、さらに、悪循環に陥る。
体に悪いものを欲する時は、体が汚れている証拠である。

逆に、体に良いものを求めている時は、血液が綺麗な時である。

心と体は表裏一体であるということが、
わかってきたように思う。

医者や栄養士の言っていることは必ずしもあっているとは限らない。

医者や栄養士の人は国から認められた資格の持ち主なので、影響力は高い。
しかし、殆どの人が、体に良いものや健康に対する知識を持っていないということが問題視されている。

医者がこう言ったから、こうしようということは、必ずしも、良いとは限らない。
ようは、自分の身は自分で守ろうということが伝わる一文である。

そして、症状が起きた時の、対処療法はプロフェッショナルなので、薬に対する知識はとても持っている。

わたしは、食事の勉強をしていて、
マクガバンレポートというものに出会った。
そこに書いてあることを、要約すると、
今の食生活は、不自然なものになってきている。
人間の持っている自然治癒力を高める以外、病気を根治することはできない。

医者は、健康に対する知識をあまり持っていない。

いうことだ。
今の食生活は、もともと日本人が食べていた食事とは程遠いものとなってしまった。
いわゆる、欧米化のためだと考えている。
その食生活を改善するだけで、そして、科学的に証明された食事の5つの食材を食べることで、長生きし、生き生きとした生活を手にすることができているのである。

まとめ

体に良いと言われている
魚、野菜、果物、茶色い炭水化物、オリーブオイル、ナッツ類をたべ、悪いと言われる、赤い肉、白い炭水化物、バターなどの飽和脂肪酸を変えていくことで、
心身ともに健康な体を手に入れることができる。
だから、一番大切なのは、体に良いものを取り入れていくということだ。

そして、自分の身は自分で守れるように、
日々の食生活を見直し、科学的に証明されているものを少しずつとって言ったら、自然治癒力を高め、病気になりにくい体づくりを目指すことに繋がっている。

まずは、白い炭水化物から茶色い炭水化物に置き換えていくことをオススメする。

こんな人にオススメ

・健康の知識は知っているんだけど、なかなか健康にならない。
・知っているけど、行動できていない人。
・常に、ベストを保っていたい人。
・長生きしたいと考えている人。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この本を読んでみたいと思ったあなたへ

Read4Leadでは、世の中にあふれている本の中からビジネス、文芸作品(小説、詩集)、自己啓発などあらゆるジャンルの中から厳選した本を紹介しています。

あなたが今まで読んだことのない本や読まないジャンルの本も概要を知って楽しんでください。

この記事で紹介された本についての詳細情報は下の画像ボタンからお進みください。

▼詳細はコチラ▼


▼詳細はコチラ▼

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

three + 9 =

Read4Lead管理人