~いつも仕事がうまくいく女(ひと)の41のリスト~ Readerたけをvol.12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

★どんな本

仕事がうまくいく女性たちは、「大切なこと」を大切にしている。
これまで多くの職場で働き、
また多くの働く女性たちを取材してきて筆者が感じたこと。

ちょっとした考え方やちいさな行動を変えてみること
として提案される
「大切なこと」をまとめた41個のリスト。

◆目次
第1章 身近にいる人から「この人すごい」と思われる仕事のリスト
第2章 仕事が速くなり、ミスをなくす仕事のリスト
第3章 迷ったら基本にかえる人のリスト
第4章 人間関係に効く仕事のリスト
第5章 自分なりのオリジナルな仕事の進め方のリスト
第6章 「未来の自分」をつくる行動リスト

★どんな著者

有川真由美氏 著
鹿児島県始良市出身。台湾国立高雄第一科技大学修士課程修了。
作家・写真家。
化粧品会社事務、塾講師、施設館コンパニオン、
衣料品店店長、着物着付け講師、ブライダルコーディネーター、
フリーライターなど多くの転職経験をもち、
マナー講習指導、新人教育の経験から、
働く女性のアドバイザー的存在として書籍や雑誌などで執筆。
旅行作家としても約40ヵ国を旅し、エッセイを執筆する。
筆者に、『感情の整理ができる女は、うまくいく』
『10年先を考える女は、うまくいく』『仕事ができて、なぜか運もいい人の習慣』
『30歳から伸びる女、30歳で止まる女』
『いつも「味方に恵まれる女」になる方法』(以上、PHP研究所)、
『あたりまえだけどなかなかわからない 働く女のルール』
『働く女!38才までにしておくべきこと』(以上、明日香出版社)、
『好かれる女性リーダーになるための五十条』(集英社)などがある。

★学び

この本は、わたしが尊敬し信頼する女性が進めてくれた本です。

その女性に会うと、
なぜか心が楽になる。
共に過ごす時間は、あっという間で、
心に余裕がもてる、落ち着ける関係です。

そんな彼女が与えてくれる安心感は、
日々の積み重ねがあるからこそ、
そのまま仕事にも表れているのではないか?と思います。

 簡単にできることほど、丁寧に。

 「いい仕事をしたい」と思うなら、まずは、だれでもできる簡単なことに、
ひと手間をかけること、ていねいにすることです。
大きな仕事を完結しようとすれば、たいへんな時間と労力を要しますが、
簡単なことであれば、いい仕事はいくらでもできます。
感動も与えることができます。
先日、仕事関係の方から送られてきた封筒を開けたとたん、
ぽわ~んと、お香のさわやかな香りが漂ってきました。
季節に合った桜の香り……。
手書きのメッセージといっしょに、折り紙で手づくりした文香が入っていたのでした。
こうした“ちょっとしたひと手間”の感動は、
思いのほか鮮明に残るものです。
会うたびに「彼女は女性らしい気遣いができる人だ」
などと記憶が呼び戻されます。

素敵だなぁ、とわたしが感じる女性は、
必ず、といっていいほど、
とても些細なこと、小さなことでも丁寧に扱っている人です。

物を大切に扱う、
人との関わりをひとつひとつ、大切にする。

そんな「相手のことを想った」行動が仕事の中でも出来たら。

本書で挙げられる「この人すごい」と思われる仕事のリスト
1番最初に取り上げられるのが、
この『手書きのメッセージを添えて、資料を送る』
だれでもできる簡単なことに、ひと手間かけるということです。

ただ、行うことが大事なのではありません。
受け取る相手に届く想い。
ていねいに扱うものには、ていねいに扱われただけの
想いが宿ります。

私たちは、やろうと思えば簡単にできることがたくさんあります。
字をきれいに書く、言づてをしっかり伝える、
コピーをていねいにとる、伝票をすぐに処理する、
デスクまわりをきちんと整理するなどは、
ていねいにやっても時間はそれほどかからず、数分プラスされる程度でしょう。
簡単なことをていねいにすることが、自分なりの仕事の「型」になっていきます。
特別なことをしなくても、できることを精一杯しようとして、
「この程度まではする」と基準を高くもっている人は、
なににおいても信頼されるのです。

また、本書では、ていねいにすることによって
自分自身への効果があるといいます。

もうひとつ、ていねいにやると、思わぬところで効果があります。
それは、相手やまわりの人だけでなく、
自分自身がいい気分になり、しかも仕事に勢いがついてくることです。
なんでもやっつけ仕事で済まそうとすると、
いつまでも心が寒々とした、しんどい状態になります。
「せっかくだから、ていねいにしよう」と集中すると、
エネルギーがわいてきて、心が温かく、前向きになるのを感じるはずです。
気持ちがこもっているから、ていねいにするのではなく、
ていねいにすれば、前向きな気持ちをつくり出すことができるのです。

いい仕事をしよう、と心がけ、
日々の業務の中にも「相手を想う」
ちょっとした行動をていねいに行うことが大切だと気付きます。

人間関係は、一朝一夕に築かれるものではなく、
“手間(コミュニケーション)”と“時間”の積み重ねが必要です。

信頼関係を築くには、“手間”と“時間”がかかるとわかっている人は、
いちばん身近な人を徹底的に大切にします。

大切なことを、大切に。ていねいに。
そんな心構えを教えてくれます。

「この人とは仕事をやりやすい」「いっしょに仕事をしていると楽しい」
と思ってもらうことが、仕事をしていくうえでは、なによりも大切なのです。
それは、仕事のスキル以上に大切なことかもしれません。
長年、同じ目的を共有してきたり、気持ちを共感してきたりした相手とは、
信頼だけでなく、お互いに理解も深まり、
そして、友情や尊敬も育ってきます。
そして、そんな深い人間関係が土台になって、
のちにあなたをひきあげてくれるのです。

仕事の大半は、
人と人との繋がりで、作り上げていきます。

「大切なことを大切に」する人でありたいと思います。

よい習慣をつけること

身に付けられたら、どんなに良いか…。

良いとわかっていても、理解していても、
行動に移せない。出来ない。

自分にとって出来ることに変えるために、
出来るまでやりつづけることが大切です。

「仕事ができる人かどうか?」を判断するのに、
もっともわかりやすい特徴として、「すぐにする」人ということがあります。
できる人は、「いまやっちゃいますね」「いま調べます」
「いまもってきます」「いま電話してみます」など、
必要になったときの瞬発的な行動が、“クセ”レベルになっています。
それはもう、せっかちなほど。

反対に、「この人、できない……」と思ってしまう人の、わかりやすい特徴は、
「先延ばししてしまう」こと。
やろうと思えば簡単にできることなのに、
「なぜいまやらないのか?」と、まわりから不信感をもたれ、
時間が経っても「まだやっていないのか?」とイライラされる……。
そんな「先延ばしグセ」がある人は、どこの職場にも一人はいるものです。

著者は、かつて「先延ばしグセ」がある一人であったと言います。

しかし、
「5分以内でできることは、すぐにする」を心がけるようにしてから、
仕事が格段に速くなり、しかも、仕事のクオリティが高まったのです。
と話します。

実際に、著者が実践して、仕事がうまくいくようになった経験を踏まえ、
41のリストが紹介されています。
仕事がうまくいくリストとしてあげられる41のアイディアから
気になるものがあれば、
まずは、1つ。
習慣になるまで、無意識のレベルで実践できるまで、
やってみること。

わたしは、リスト29。
お茶を出してくれて人にもお礼を言う
の基本を大切に過ごします。

「いつも仕事がうまくいく女の41のリスト」
ぜひ読んでみて下さい^ ^

★こんな人にオススメ

・仕事をうまくいくようにしたい人
・仕事がなぜうまくいっているか紐解きたい人
・仕事がうまくいっている人のイメージを浮かばせたい人
・出来る女に憧れを抱いている人

etc…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この本を読んでみたいと思ったあなたへ 

Read4Leadでは、世の中にあふれている本の中からビジネス、文芸作品(小説、詩集)、自己啓発などあらゆるジャンルの中から厳選した本を紹介しています。

あなたが今まで読んだことのない本や読まないジャンルの本も概要を知って楽しんでください。

この記事で紹介された本についての詳細情報は下の画像ボタンからお進みください。

▼詳細はコチラ▼


この本を見にいく 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

nine + 18 =

Read4Lead管理人