~小さなことにくよくよしない88の方法~Reader ごえ Vol.2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

★どんな本

【心がかわいたとき、しぼんだとき、ムカッときたとき…
あっという間に気持ちがすっと晴れる】

この本では、人間関係、家庭、仕事で「もう、くよくよしない自分」をつくる88の簡単な方法が具体的に提案されています。
自分に「自信をつける」大きな助けとなる「英知」がつまっています。
人間というのは、ちょっとしたことで落ち込んで、「今」を上手に生きられなくなるものです。カールソンは、そんな私たちに自分を変えるための簡単で気のきいた「考え方」を授けてくれます。

ほんのちょっとの気遣いや、思いやりや、なぎらいや、ほめ言葉で、人間の気持ちがどんなにガラッと変わるか。

自分にとっては大問題でも、少し客観的な視点で見ると、私たちはいかにささいな事に怒り、囚われているものか。

本書にかかれている88のヒントのうち、自分が一番やりやすそうなものだけでいい。
自分が「いつ」、「実行するか」にかかっています。

《主なコンテンツ》
・いやでもやる気が湧いてくる12の〝一行アドバイス″
・無理なく「困難を乗り越えられる」〝頭の良い考え方″29
・あらゆる人間関係が劇的に〝よくなる″シンプル・ルール19
・もっと〝元気で楽しい″の自分になれる!12の方法
・〝今″が出発点!「なりたい自分に変わる」16のマジック

<h2>★どんな著者</h2>
リチャード・カールソン : 心理学者。何とかストレスの多い現実のの人生を、いかに快適に、前向きに生きるか、自分を「進化」させて生きるかを提唱。コンサルタントとしてセミナー、講演会、テレビやラジオへの出演などで活躍、世界中を飛び回っている。

<h2>★学び</h2>
毎日というのは基本的に同じことの繰り返しです。だんだんと色あせて見えることもあるかもしれません。ちょっとした工夫でワクワクした気持ちがよみがえり、同じような毎日がぐんっと気持ちよく話せるようになるのです。厄介な問題に直面した時は、だれしも不安になったり、後ろ向きになったりしてしまうものです。でも、新しい何かを始めるときや、何かに没頭しているときは上手下手が気にならないほどだったはずです。自分の考え方を少し変えるだけで毎日はびっくりするくらい変わります。
自分にとってプラス捉え方をしていくことの大切さを再確認しました。

「完ぺきな人」なんて存在しない

何もかもうまくいかない時があるかもしれません。
時には、今の状態を客観的にみて、自分を笑い飛ばしてみるといいです。
それだけでも、ずいぶん気が楽になります。
高いハードルを自らに課すのもいいが、たまには、ちょっと肩の力を抜いて、周りの人にも一息つかせてあげましょう。
私たちはみな欠点を持った人間で、その点においては同じだと、大目に見ることができます。
間違いなく、あなたはユニークで愛すべき人物です。
もっと自分自身を楽しもう。

一瞬で「楽しいこと」に変わる〝覚醒″のコツ

次の休みまで、「あと5日」「あとたった4日」などと指折り数える事があるかもしれません。だが、何があろうと、あと一週間は仕事や大学に通わなければなりません。知らず知らずのうちにこれは楽しくない、つまらないと決めつけ、時間が過ぎる事だけを考えていました。

「これは私の人生だ。1分1秒を楽しまなくてどうするんだ」

自分にとって立ちはだかる障害、厄介な問題。それだって自分の人生の一部なのです。

人生の大部分は、ゴールを駆け抜ける一瞬ではなく、レースそのものなのです。
少し視点を変えるだけで、人生はとても楽しいものになります。せっかくのお楽しみを後に延ばさないで、今から楽しんでしまいましょう。

★こんな人にオススメ

✳楽しく生きたい人
✳人間関係を良くしたい人
✳やる気を出したい人
etc…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この本を読んでみたいと思ったあなたへ

Read4Leadでは、世の中にあふれている本の中からビジネス、文芸作品(小説、詩集)、自己啓発などあらゆるジャンルの中から厳選した本を紹介しています。

あなたが今まで読んだことのない本や読まないジャンルの本も概要を知って楽しんでください。

この記事で紹介された本についての詳細情報は下の画像ボタンからお進みください。

▼詳細はコチラ▼


この本を見にいく

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

20 − eleven =

Read4Lead管理人