~ついつい抱え込んでしまう人がもう無理!と思ったら読む本~Reader 悠 Vol.4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

★どんな本

なんだか最近やる気が出ない。

人付き合いで気疲れしてしまう。

体調が悪いわけではないけれど、心と体がいまいちしっくりこない。

モヤモヤした気分が続いている。

こんな思いをしたことはありませんか?

それは、抱え込み症候群かも…?

自分の心を開放することができ、よりHappyな毎日を手に入れられる!

そんな本です!

★どんな著者

著書:根本 裕幸

心理カウンセラー

1972年生まれ。大阪府在住。1997年より神戸のメンタルサービス代表・平準司氏に師事。2000年よりプロのカウンセラーとして述べ15000本以上のカウンセリングと年間100本以上のセミナーを行う。2015年の4月よりフリーのカウンセラー、講師、作家として活動を始める。多くの著書、テレビやラジオへの出演、企画・制作協力なども多数。

★学び

知らないうちに「抱え込んでいる」ことありませんか?

□断りたいけど断れない。イヤと言えない自分にモヤモヤ。

□「助けて」と言えない

□他人の一言で傷つき、ストレスをため込んでしまう

□何でも自分のせいにしてしまう

□「完璧でないといけない」と思い込んでいる

□「しっかり者」と思われて、弱音を吐けない

□仕事ができるようになればなるほど、オーバーワークに…

□まわりの面倒をつい見てしまう

□自分の居場所をキープするために頑張りすぎてしまう

□他人に任せるより自分でやった方が早い

当てはまるものはありましたか?

上記は、

☆自己肯定感が低いタイプ

☆敏感タイプ

☆しっかり者タイプ

の大きく3つに分けられるそうです。

・自己肯定感が低いタイプ

自己肯定感とは「自分はこれでいいのだ」という自分の存在価値を認める感情の事。この感情が低いタイプは、一言でいうと「自分に自信がないタイプ」だそうです。

ありのままの自分が認められず、自分の評価を他人に委ねてしてしまうため、いつも人の絵を伺がってビクビクしているような事があります。

また、「ありのままの自分を出して嫌われたらどうしよう」という不安から、頼まれごとなどを断りたいのに断れなかったり、自分の意見を主張できなかったりします。

まわりに流されて嫌な事を引き受けるなど、我慢やストレスを積み重ねやすい人です。

すると、抱え込み過ぎて「もう無理!」と爆発してしまうのです。

・敏感タイプ

敏感タイプは、「気が利く」人や「相手の気持ちを察する」人に多いタイプです。

基本的に感受性が高く、他の人が見過ごしてしまうようなことにも気づく、感度の高いアンテナを持っています。

そのため、相手が少し不機嫌そうに見えただけで「どうしたのかな」とそわそわしたり、「怒っているのでは…」と不安になったりします。

また、相手の気持ちを読み過ぎて、自分の意見を押し通すことも苦手です。

・しっかり者タイプ

しっかり者タイプは、いわゆる「優等生」に多いタイプです。

小さい頃から兄弟の面倒を見てきた長子や、母親から頼られることが多かった人によく見られます。

「ちゃんとしていなければ」「しっかりしていなければ」と云う意識が強く、他人が困っているのをほっておけないため、ついついキャパシティ以上の仕事を抱え込んでしまいます。

皆さんはどのタイプに当てはまりそうでしょうか?

この本では、自分が抱え込んでしまう理由や背景も明らかにする事ができます。

抱え込みの原因は「自己完結」

次に抱え込みの原因としていくつかの中から1つ、自己完結についてご紹介します。

自己完結とは、いわば「人に迷惑をかけるくらいなら、自分が我慢すればいい」「これくらいの事は、自分でやらなければ」などと気負い、人に頼らずに一人で解決しようとする傾向の事です。

自分で問題解決をしてきた人は、それが自信にもなりますが、それが自信になればなるほど「人に頼る」ことのハードルを上げてしまう事にもなりかねません。

人に頼れない心理状態になると、「味方がいない」という孤独な気持も引き起こし「しっかりしていなければ」とピリピリしてしまって心にも負担がかかります。

たとえ自分でできる事の範囲は狭くとも、気軽に人に頼ることができるのは生きていくために強力な武器になると同時に、人の力が借りれることでより多くの問題解決ができると学びました。

自分だけが助かり楽になるだけでなく、より多くの人の役に立てると言う事も学びました。

自己完結グセの治し方

自己完結を直すのにポイントとなってくるのが「質問」です。

抱え込んでしまう人は、自分で自分の問題に答えを出そうとする「自己完結グセ」があります。

そういう場合、少しずつまわりの人に質問をする癖をつけてみることが大切のようです。

質問し、他人の意見を聞いてみる事で、自分ひとりで閉じていた行動パターンが少しずつ変化していきます。

これを繰り返すことが、自己完結グセを直す第一歩のようです。

ここでは、抱え込み症候群の一つの原因とそこに多する対処法をご紹介しました。

本の中には、他にも数々の原因や対処法、また手軽に取り組めるワークも記載されているので、ぜひ、手に取ってみて下さい。

★こんな人にオススメ

✳ストレスを抱えこみがちな人

✳人の力を借りるのが苦手な人

✳断りたいのにNOが言えない人

✳心に栄養が欲しい人

✳頑張り屋さんな人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

twenty + fourteen =

Read4Lead管理人