~「弱い」リーダーが最強のチームをつくる~Reader みのりVol.9

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

★どんな本

己の弱さを

三流のリーダーは、正当化し

二流のリーダーは、秘匿し

一流のリーダーは、前提とする!

3万人のリーダー育成から学んだ究極のスキル32

「強い」鈍感なリーダーより、「弱い」繊細なリーダーが結果を出す!

「誰だって失敗やミスをする、リーダーもメンバーも。

だからこそ、他人への寛容さや助け合いの精神が仕事の原則になる」

リーダー育成の第一人者である嶋津さんはこう言います。

「リーダーは強くなければ務まらない」

とは多くの人が思っていることでしょう。

当然、リーダーですから、結果は求められます。

ただ、大切なのは「強さ」の中身。

決して上っ面の「強さ」を周囲に振りまき、

中身がスッカスカの「強い」リーダーを目指してはいけません。

メンバーの心に共感し、正しいサポートができて、はじめてチームは機能するもの。

あなたが嫌っていた自分の「弱さ」は、実は、最強のチームをつくる土台になるのです。

「自分はすぐ落ち込むし、リーダーに向いてないかもしれない」

そう悩むチームリーダーはもちろん、管理者、経営者も必読の1冊!

■目次

第1章 【超原則】「弱さ」を補いあうチームは爆発的に伸びる

第2章 【超コミュニケーション術】「差別」はいかんが「区別」せよ

第3章 【超効率術】メンバーに「全力」で仕事をさせるな!

第4章 【超目標達成術】リーダーよ、(大ざっぱでも)ビジョンを抱け

第5章 【超育成術】「待てる」リーダーがチームの成長を加速させる

★どんな著者

嶋津良智(しまづ・よしのり)

一般社団法人日本リーダーズ学会 代表理事。

30000人以上のリーダー育成に携わった、リーダー育成の第一人者。

大学卒業後、IT系ベンチャー企業に入社。

同期100名の中でトップセールスマンとして活躍、

その功績が認められ24歳の若さで最年少営業部長に抜擢。

就任3ヶ月で担当部門の成績が全国ナンバー1になる。

その後28歳で独立・起業し、代表取締役に就任。

M&Aを経て、2004年、52億の会社まで育て株式上場(IPO)を果たす。

2005年、次世代リーダーを育成することを目的とした教育機関『リーダーズアカデミー 』を設立。

2007年、シンガポールへ拠点を移し、講演・企業研修・コンサルティングを行う傍ら、

顧問・社外役員として経営に参画。

業績向上のための独自プログラム『上司学』が好評を博し、

世界14都市でビジネスセミナーを開催。

2013年、日本へ拠点を戻し、一般社団法人日本リーダーズ学会を設立、現在に至る。

「上司学」をさらに進化させた新メソッド「組織づくりの12分野」を開発し、

世界で活躍するための日本人的グローバルリーダーの育成に取り組むなど、第一線で活躍中。

★学び

★リーダーは孤独を恐れない

多くの人を束ねるリーダーは、

一見、物理的には孤独に見えないかもしれません。

しかし、思想的にはいつも孤独であるといえます。

フォロワーとリーダーは、

そもそもの立ち位置や見ている景色が異なります。

どれだけメンバーと信頼関係を築き、

仲良くなることができても、

責任も立場も違うため、

お互いに理解が及ばない部分が出てきます。

本書の中には、

北島康介選手をオリンピックに導いた水泳コーチである

平井伯昌氏の話がでてきます。

北島選手が中学生の頃、

中学記録が出そうになった際に

わざと疲れさせるようなハードな練習を北島選手に命じ、

試合に負けさせた、というエピソードです。

「ストレートにオリンピックを目指さねばならないこの時期に、

ちやほやする外野が増えると面倒なことになる。

中学記録で浮かれるような寄り道をしている場合ではない」

という平井氏の判断だったそうです。

この例から学べることは5つ。

1 本気でメンバーのことを考えるなら嫌われることを恐れない
2 人間性を理解し最適にリードする
3 目先の結果にとらわれない勇気
4 自分の考え方に対する信念
5 信頼関係を築く

組織が目指す結果に向かって、

どう思われるかを恐れずに

自らの判断を下すことが大切です。

★ビジョンなき仕事は作業に堕する

例えば、外出しようとするとき、

近くのお店に買い物に行くのか?

富士登山をするのかによって

必要な準備は全く変わってきます。

逆算して行動を選択するためには、

まず最終的にどこにたどり着きたいのかを

明確にすることが大切です。

ビジョンがチームに浸透すると以下のような効果が現れます。

1 生産性が向上する
2 自発性が出る
3 「混乱期」を乗り越えることができる

これらの効果をチームにもたらすために、

組織の存在目的、最終目標を

明確に定め、発信していくことが

リーダーの仕事です。

こんな人におすすめ

・理想のリーダー像を明確にしたい人
・自分が組織のリーダーだと思う人
・リーダー育成について学びたい人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

11 − 1 =

Read4Lead管理人