~藤原和博の必ず食える1%の人になる方法~ Reader香vol.7

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

★どんな本

リクルートの営業+和田中の校長として30年間、見てきた結論!
「100人に1人」なら、無理しなくても、誰でもなれるし、食べていける! 特別な才能はいらない。
たった7つの条件をクリアするだけ。 4つのタイプ【価値観×志向】別に、7つの条件を徹底解説!
世界をまたにかけて活躍するグローバル・スーパーエリート以外の人たちが生き抜くための極意。
それは1%の人、すなわち「100人に1人」のレアな人になること。
いいですか、「1万人に1人」ではなく「1000人に1人」でもない。
「100人に1人」になることである。この本で紹介するたった7つの条件さえクリアできれば、誰でも1%の人になれる実践本である。

★どんな著者

藤原 和博 (フジハラ カズヒロ) 教育改革実践家。
杉並区立和田中学校・元校長。元リクルート社フェロー。1955年東京生まれ。
1978年東京大学経済学部卒業後、株式会社リクルート入社。
東京営業統括部長、新規事業担当部長などを歴任後、1993年よりヨーロッパ駐在、1996年同社フェローとなる。
2003年より5年間、都内では義務教育初の民間校長として杉並区立和田中学校校長を務める。
2008年~11年、橋下大阪府知事特別顧問になる。
『人生の教科書[よのなかのルール]』『人生の教科書[人間関係]』(ちくま文庫)などのベストセラー作家としても活躍している。

★学び

これからのビジネスパ ーソンははっきり二極化していく。

ほんのひと握りのグロ ーバル ・ス ーパ ーエリ ートと 、それ以外の大多数の人々 。
ビジネスパ ーソンが上下の階層に真っ二つに分かれる社会がもうそこまで来ている。

現在、日本の中間層というと年収400万~800万円くらいのイメージだと思いますが、今後は、年収200万~400万円の人たちと、年収800万円以上の人たちに分かれていく。
しかも、この格差はどんどん広がっていくだろう。
多くの人は年収200万~400万円になり、この人たちが「新しい中間層」になっていくことは、もはや避けられないだろう。
「経済的価値」とは給料や年収をはじめ、お金を重視する考え方で、「経済以外の価値」とは家族や友達、個人的な活動や社会貢献を重視する考え方のことである。
その二軸でいえば、「経済的価値」だけを追い求めるのではなく、「経済以外の価値」に幸せや生きがいを感じている人も最近、増えている。
仕事一辺倒の生活ではなく、家族や友達と過ごす時間、あるいはネットを通した個人的な活動や社会貢献などに自分らしい価値を見出す人は、あなたのまわりでも増えているのではないだろうか。
とくに若者の間 、その傾向が顕著である。
それに合わせて、これまでは一流企業に入って出世をめざす「権力(サラリーマン)志向」の人が大半でしたが、いまは組織の中での「権力」ではなく、どこでも通用する力を身につけようとする「プロ(独立)志向」の人も増えている。
学生の離職率の増加などが社会問題となっているが、それは大学の大半が社会に出てから役に立たない学問を教えていることがあるように思える。
そして学生もそのことに気がつき、専門性や社会に通用する学びを得ようとする傾向がある。
実際に、英語教育を徹底している秋田の国際教養大学や 、国際基督教大学 ( I C U ) 、金沢工業大学などは就職率の良さで評価が高く 、学生と企業の双方から人気を集めている。3校に共通するのは 、実学を習得できること 。つまり 、 「プロ志向 」の人材を育てるという姿勢である。
これからの時代は、実学が問われる時代がくる。入社する企業や社会に貢献できる能力がある人材が求められる時代になる。
そこで私たちはいかに自分の能力を高め、企業や社会から求められる人材になるかが、これからの時代でより良く生きるための鍵になると思う。

7つの条件をクリアすれば 、誰でも 「 1 0 0人に 1人 」の 1 %の人になれる。

世界をまたにかけて活躍するグローバル・スーパーエリート以外の人たちが生き抜くための極意。
それは1%の人、すなわち「 100人に1人」のレアな人になることです。
いいですか、「1万人に1人」ではありません。
「1000人に1人」でもない。
「100人に1人」になることなのである。

では、具体的にどのように「100人に1人」になるのか?
主に4つのタイプに分けて本文で述べらている。

序章では、すべての人に共通する3つの条件を伝えている。
まずはその3つの条件をクリアして「8分の1」の人になることが重要である。
第1章「経済的価値×権力志向」(社長タイプ)の「力」を求める人の4つの条件 について
第2章 B「経済的価値×プロ志向」(自営業タイプ)「技」を求める人の4つの条件 について
第3章 C「経済以外の価値×権力志向」(公務員タイプ)「つながり」を求める人の4つの条件 について
第4章 D「経済以外の価値×プロ志向」(研究者タイプ)「好き」を求める人の4つの条件 について書かれている。

自分の目指したい人材やタイプについて詳細に書かれているため、自分の現在地を確認しながら、具体的にどのような実践をしたらいいのか行動指針が書かれているため、わかりやすく取り組みやすいと思った。

★こんな人にオススメ

・活躍していきたい人
・将来のキャリアについて考えたい人
・自分の強みを活かしていきたい人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

nineteen − 15 =

Read4Lead管理人