月別: 2018年8月

~カルピスをつくった男~ Readerタクvol.10

★どんな本 「初恋の味」はどこからきたのか。 誰もが知る国民飲料。その産みの親を誰も知らない。 会社の売上げより国の豊かさ、そして日本人の幸せをひたすら願ったカルピス社創業者・三島海雲。筆者は同社OB、遺族のもとを訪ね、遂にはカルピス誕生の地モンゴルに飛んだ――。 近代日本を軽やかに駆け抜け、遊牧民の生活から夢の乳酸飲…

続きを読む

~さあ、才能に目覚めようーあなたの5つの強みを見出し、活かすー〜Readerたまよvol.9

★どんな本 成功を収めたすべての人に共通するのは、自分の才能とその活かし方を知っていること。 それがわかれば、欠点さえ強みになる。 さあ、あなたの眠れる強みは何か。 自分の強みがわかるウェブサイト「ストレングスファインダー」へのアクセスID付きです! 「ぜひ、隠れた能力を見つけて、わくわくしてください」 ★どんな著者 …

続きを読む

~ココ・シャネルの言葉~Reader ごま Vol.1

★どんな本 「私は、私の人生を作り上げた。なぜなら、私の人生が気に入らなかったからだ」。貧しい子ども時代を経て、「シャネル帝国」と呼ばれる一大ブランドを築き上げ、莫大な富と成功、愛を手にしたシャネル。彼女は社会の枠組みや常識を嫌った。「私の頭のなかに秩序を押しこもうとする人々が嫌い」。コルセットをはずし、大きな帽子、華…

続きを読む

~死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っておきたい100の言葉~ Readerあやvol.11

★どんな本 「人生は、出逢った言葉の質と量で決まる!」 人生で3300人のエグゼクティブと1万人のビジネスマンにインタビューをして著者が下した結論である。 特に貴重な20代、これから素晴らしい人生を歩みたいと思うのであれば、良い言葉との出会いを増やすこと。 20代でやっておくべきことは何かと聞かれたら、著者はこう答える…

続きを読む

~死ぬ気で働いたあとの世界を君は見たくないか!?~Reader みのりVol.11

★どんな本 本書を読んで実践すれば、あなたも、真のプロフェッショナルになれる! 「死ぬ気で生きる」とは、「生き切る」と同義語だ。 成り行きで働いている人は、生き切れていない人だから、 本当に死ぬときに「後悔する人生」で終わってしまう。 厳しい営業として知られる生保業界にて、 フルコミッション(完全歩合制)という働き方を…

続きを読む

~ワクワクする職場をつくる。~ Readerタクvol.9

★どんな本 いま7割の職場が問題を抱えている! ●どうせ何も変わらない ●職場や会社に期待なんかしない ●我慢しよう、やり過ごそう ――そんな「あきらめ職場」になる前に、 一歩を踏み出し、組織を変える。 いま多くの職場で蔓延しているのが「あきらめ感」。 目の前の仕事に追い立てられる日々。 やるべきことはしっかりやってい…

続きを読む

~マネーという名の犬 12歳からの「お金」入門~ Readerしゅーへーvol.4

★どんな本 世界23か国で刊行されている、子どもから大人まで世界で読まれ続ける「お金」の入門書。 「お金の意義」「働くことの意味」「人は何にお金を払うのか」「投資と資産形成の基本」「信用の大切さと築き方」など、 いつの時代も変わらない「お金と人生の大原則」を、大人もこれ1冊で一気に学び直せる。 ★どんな著者 ボード・シ…

続きを読む

~「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく―東大読書~ Readerあっこvol.8

★どんな本 みなさんは勉強をしていて、読書をしていて、こんなことを思ったことはありませんか? 「ちゃんと勉強しているはずなのに、どうしてこんなに身にならないんだろう…?」 「やはり自分は地頭が悪いのだろうか…?」 私も「こんなにやっているのに…!」と思うことがあります。 本書の著者である西岡さんも、東大の合格に、3度の…

続きを読む

~前祝いの法則~ Readerたけをvol.9

★どんな本 昔の日本人は夢実現法として、 先に未来を祝っていたと言われます。 未来の姿を先に喜び、 祝ってしまうことで現実を引き寄せることを 「予祝(よしゅく)」といいます。 多くのワークを通じて、 自身の願いを叶えていく「前祝い」を行う機会を ぜひ本書で得てください^ ^ 🌟目次 プロローグ 第一章 有名人たちも予祝…

続きを読む

~ティール組織~Readerかんvol.8

☆どんな本 人類の誕生から現在に至るまで、様々な組織体系が誕生してきた。人類のパラダイムが変化するとともに、組織形態は発達していった。本著では、第1章で人類のパラダイムの変化と組織の発達段階を解き明かしている。そして、第2章では新たに生まれたパラダイムである『進化型(ティール)』がもたらした新しい組織体系『ティール組織…

続きを読む