~ドラッカーの時間管理術~ Readerゴンvol.4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドラッカーの時間管理術

★どんな本

経営の神様とも言われるP.F.ドラッガーが実践していた
徹底的に無駄を省くタイムマネジメントを分かりやすく解説された一冊。

目次
第1部 知識労働者の生産性
第2部 成果に貢献する
第3部 強みを生かす
第4部 ドラッガーの時間管理術
第5章 残された時間を考える

★どんな著者

吉松 隆
能力開発コンサルタント/合同会社マキシマトレイル・プライベートリミテッド代表
綜合ユニカムで編集・記者を経て、新媒体の創刊や新規事業化発に携わる。
ダイヤモンド社で教育研修・経営コンサルティング事業を立ち上げ、
ピーター・F・ドラッガー・マネジメント講座などを事業化し、一貫してエグゼクティブ
人材の生産性向上に取り組む。

★学び

日頃、時間管理については、意識して実践しているつもりでも、
本当に成果に効果的で、かつ改善の余地はないかということを考えれば、
まだまだ時間を無駄にしてしまっているということを振り返ることができた。

ドラッガーの時間管理術は3つのステップになっている。

1.時間を管理する

生産的な時間の使い方をしているかどうかを計るために、
記憶は頼りにならない。時間を正しく記録すること。

人は、実際に記録するのではなく、記憶していることが多い。
記憶は、解釈であり、曖昧なもの。正しい情報がない限り、改善は生まれない。

記憶自慢の人に時間をどう使っていると思うかをメモしてもらい、
そのメモを何週間か預からせてもらう。その間実際に時間の記録をとってもらう。
思っていた時間の使い方と実際の記録は、似ていたためしがない。「経営者の条件」

人は、弱く、怠惰ルーズの生き物である。
完璧完全な人などいない。

そのことを受け入れた上で、自分の時間の使い方の現状はどうかを
明確に把握する必要がある。

また、時間を何にどれくらい使ったかを
リアルタイムに時間の使い方を一分単位で記録する。

数十分単位では管理している人は多いが、分単位で管理している人は少ない。

分単位でリアルタイムに記録することで、
時間意識がより強くなり、改善も早期に行えるなどメリットが多い。

2.時間を整理する

重要な仕事に取り組める自由な時間を確保するためには、
仕事を見直す必要がある。時間の記録を見て、無駄な作業を削る。

アイデアが不足している組織はない。想像力が問題なのではない。
せっかく良いアイデアを実現すべく仕事をしている組織が少ないことが問題がある。
みな、昨日の仕事に忙しい。 「経営者の条件」

成果が出ない人の口癖は、たいてい「忙しい」「時間がない」。

一つひとつの仕事にどれくらい時間がかかるか把握し、整理する。
そして、優先順位は高いか低いかを常に見極める。

心を整え、身の回りを整え、
常に整理整頓されていることが望ましい。

3.時間をまとめる

有能なエグゼクティブは、一日の四分の一程度時間があれば、
重要な事柄は、大抵片づけられることを知っている。

仕事を細切れではなく、大きく塊の時間を確保する。

生産性を高めるため重要なことは、
高い集中力である。

集中して、仕事をするためには、
小さな仕事を細かく、あれこれやるのではなく、
できるだけまとめて一気に行うことが効果的。

また、他の人から時間を奪われないことも必要である。
他の人に任すことができることは、
力を借りて、依頼する。

そして、時間を奪われないように事前にスケジュールをブロックする。
スケジュールを常に他の人に共有する。

また、高い集中力を発揮するためには、
自分を磨き、常に成長させ続ける。

人間の発展はつねに成長であり、しかも成長はつねに内から行われるものである。
それゆえ仕事は個人の成長を促し、また助けるものでなければならない。「経営者の条件」

成果を出し続けるためには、準備の期間、自己鍛錬のまとまった時間を
確保しておくことが必要である。

成果を出し続ける人は、なぜそこまでやるか?

その答えが、本書の最後に書かれている。

偉人と呼ばれる人たちは、時間管理を仕事の中で行うものではなく、
人生レベルで行っているということ。

時間とは、すなわち、命である。

ドラッガーの有名なエピソードに、13歳の時に牧師から
「あなたは何によって憶えられたか?」
という質問によって人生が変わったという話がある。

これは、企業であれば、企業理念であり、
個人であれば、人生理念、もしくは、人生の目的とも言える。

この回答によって、時間の使い方は変わる。

「人生の目的が変われば、人生の質が変わる」

時間の管理とは、人生の目的を果たすために、
予め、出来事を管理すること。

そして、その願望に対して
効果的な時間の使い方をすることである。

本書は、ただのスキル本ではなく、
人生のあらゆる場面で活かすことができる実践本である。

★こんな人にオススメ

✳時間管理を学び成果に繋げていきたい方
✳仕事が膨張し、残業が多い方
✳人生の質を高めたい方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

4 × 1 =

Read4Lead管理人