〜マンガでわかる!マッキンゼー式ロジカルシンキング〜 Reader ショウタ Vol.1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マンガでわかる!マッキンゼー式ロジカルシンキング

★どんな本

「論理的思考ってどうやって身に付けるの?」という疑問を絵と説明で紐解いた本です。

あなたは論理的に考えられていますか?
実際に論理的に考えることをマンガで描くことで、
現実でどのように論理的な思考を使うのかを楽しく学び、
そして必ず自分が使っているイメージができる本となっています。

百聞は一見にしかず!
読まなくても聞かなくてもいいので、マンガを見る感覚でまずは見てください。
あなたの中の論理的思考の概念がカタカタと崩れ落ちる音が聞こえるはずです。

★どんな著者

東京大学工学部を1978年に卒業後、1983年よりスタンフォード大学大学院に留学し、機械工学修士、修士上級 課程を修了。
1986年、マッキンゼーに入社。経営戦略の立案と実行支援、新組織の設計 と導入、マーケティング、新事業立ち上げなど多数のプロジェクトをリード。1990年にはマッキンゼーソウルオフィスをゼロから立ち上げ、120名強に成長させる原動力となるとともに、韓国企業、特にLGグルー プの世界的な躍進を支えた。
2002年、「日本発の世界的ベンチャー」を1社でも多く生み出すことを使 命としてブレークスルーパートナーズ株式会社を共同創業。最近は、大企業の経営改革、経営人材育成、新事業創出、オープンイ ノベーションにも積極的に取り組んでいる。ベストセラー「ゼロ秒思考」著者

★学び

論理的に考えるとは

「もっと考えろ」

こういった言葉を聞いたことはないでしょうか?
私は何度も聞いたことがありました。
考えようとしても、それが元々分からないから今の現状になっているのではないか?と
いつも不安と、不満ばかりが溜まる言葉でした。

会社でいうと、もっとよい案、もっと深く考えた企画書、などが当てはまると思います。
この本の主人公である男の人は深く考えるということを次のように言っています。

「なるほどね」と相手に言ってもらえるように分かりやすく伝えること

シンプルです。
この本の文章でいうと

ものごとを整理し、問題点を正確にとらえ、もっとも効果的な対策を考えること

です。
これを読んだときに
純粋に自分自身が相手に「なるほどね」と思わせるように説明出来ていなかったと自己評価しました。

「より効果的な方法は何か?」
の追求ばかりしていただけに、相手の背景に至るところ、つまり
「ものごとの整理をすること」ができていなかった。

さらに言うと、人に対して「もっと分かりやすく説明して!」
と言う自分が一番相手の背景に立った話し方を出来ていなかったということ。

分かっているようで
分かっていないということがたくさんある。ということを気付かされました。

論理的に考えることは誰にでも出来る

強い関心や好きになることが論理的思考の鍵

論理的は誰にでも出来るという風に書いてあるが、そもそも誰もが初めから持っているものである。
萎縮や恐怖によって考えることが出来なくなることで、論理的思考が出来なくなる。

つまり、論理的思考を叶えるのが、物事を好きだと思う気持ち。
話す時も、何か行う時も、やはり大事なのはワクワク行うこと。

幸せに感じるだけでなく、物事が上手く進むのがこの理屈であると考えた時に
その場その場での自分の心の持ち用について考える必要があると感じたし、
誰にでも備わっているものだからのそ価値がある。

なぜなら、論理的思考は普遍のものであり、それを伸ばしていく技術さえあれば、誰もが論理的思考を磨けるため。
論理的に考えるは技術。
だからこそ、誰にでも出来る。価値がある。

具体的に身に付けるためには、
テーマを決めて1分間でそのテーマについて思い付くことをひたすら書き出すだけ。

萎縮や恐怖を感じる間もなく、
考えていることがすぐに棚卸し出来る状態を作っていくこと。
感情を行為と思考でコントロール出来るということが書いてある。

さらに具体的なポイントもたくさん挙げられているので、
これを読んでもらう方には全て取り入れてやってほしい。

情景をイメージさせることの必要性

この本は特徴として文だけでなくマンガとなっており、目で形が見えるため具体的にイメージ出来る。

著書者である赤羽雄二さんのベストセラーである「0秒思考」は本当に分かりやすく書いてあったが
自分には少し難しい部分もあった。

それは、実際に論理的に考えることを実践と結びつけるだけの経験がその時には少なかったため。

だからこそ、視覚が6割と言われるくらい情報を取り入れている人間だからこそ、
目でイメージがつく。ということが大事であるということが実感出来た。

この本がそもそもマンガ調になっているからこそ、上記にあげた本におけるマイナスな感情も無くとらえることが出来た。

それは、耳から伝えた時も同じで
相手に言葉でしか伝えられない時に、どれだけ相手が求めているものを情景としてイメージ出来るところまで落とし込むか。

この本からは、ただの情報だけではなく、多角的な視点の気付きが生まれる点も、マンガとして学ぶことの特長であると感じた。

★こんな人にオススメ

※論理的に考えたい人
※相手に思っていることを分かりやすく伝えたい人
※活字が苦手な人
※楽しく学びたい人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

9 + 4 =

Read4Lead管理人