〜あの人は何故東大卒に勝てるのか〜 Readerこっしーvol.4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あの人は何故東大卒に勝てるのか

★どんな本

この本は、思考術の本です。
皆さんの周りでこんな人いませんか?

頭はそこまで良くないけど、賢い人。
勉強めっちゃ出来るけど、馬鹿な人

僕もいくつか思い当たる人がいます。
では何故そういう人たちがいるのでしょうか?
それをご紹介します!

★どんな著者

津田久資

東京大学法学部および、カリフォルニア大学バークレー校経営大学院(MBA)卒。博報堂、ボストン・コンサルティング・グループで一貫して、新商品開発、ブランディングを含むマーケティング戦略の立案、実行にあたる。現在、August-a(株)代表としてコンサルティング業務や企業内の論理的思考・戦略的思考の啓蒙活動に従事。

★学び

◆何故東大に勝てるのか

日本で一番頭の良い大学は
誰しも知っている東京大学ですよね。
東大=頭がいいというブランドは誰しも持っているはず。
しかし、
東大卒=仕事が出来る
これはいかがでしょうか?

確かに仕事が出来る人が多いと思いますが、
必ずしもそうとは限りません。

何故なのか?
それは、考え方にありました。Howだけ考えるか、Whyから考えるかです。

例えば勉強で言えば
計算式をただあてはめるだけの勉強法なのか?
それとも何故この式はこのような作りになっているのかというWhyについて考える勉強法なのか?

簡単な例で説明すると、

1+1=2

これをただ式に当てはめているのと、
何故1+1=2になるのかを考えている人。
では全然違うという事です。

これはまさに作業型人材と目的目標達成型人材の話と同じですね。

だから東大卒にも勝てる人がいるんでしょうね。

◆◆How思考。Why思考。どっち??

ただHowを解いているか
WhyからHowを解いているか。

あてはめているだけなら
ロボットでも出来る。
それこそ計算機を使った方が早い。

でも、何故は考えないと出てこない。
だから何故を考えられる人は
これからの社会でも生き残っていくんだろうなって思います。

自分もいろいろと周りのものを考えてみました。

それで思ったのは
アチーブメントピラミッドです。
僕はただただ、あのピラミッドに
あてはめていました。

でも、何故このピラミッドの項目が5つで
何故あの順番なのかは分かりません。

その順番が初めて分かった時、
本当の意味で理解できるようになると思います。

そもそも何故あの順番だと
人は目的から一貫した行動が出来るのか。
うーん。まだわからない。

それが分かった時に
始めて分かち合うことが出来るんでしょうね。

僕も何故この構成になっているのか考えながらプランニングしてみます!

◆WhyからHowへ

「Whyからはじめよ」
という本に書いてありましたが
Goldenサークルと言うものがあります。

https://swingroot.com/golden-circle-theory

これは
行動変容が起きる時どのような
思考のプロセスで起きているのかを
表したものであり

Why なぜ
How どうやって
What なにを

の順番で考えていくと
行動変容まで起きやすいそうです。

選択理論も目的、願望
によって人は行動すると言っています。
まさに同じですね。

行動変容まで起きるからこそ
腑に落ちるんでしょうね

◆一言で言えるかどうか

→意外と色々な事は学んでいるけど、
それって一言で言うと何ですか??

に対して答えられますか?

例えば
・上質世界とは。
・自己愛とは

みたいな。

本の学びだってそうです。
僕が普段意識していることは
本のタイトル、目次の項目を
一言で言うと何だろう?

って考えるようにしています。

そうすることによって
相手に結論から話すことが出来るからです。

結論から述べれば
結論という色眼鏡をかけて
聞いてくれるため、
理解度が深まりますよね。

まとめ

自分がインプットする時もまたしかりです。

この本であれば
何故あの人は東大卒の人に勝てるのか?

僕の答えとしては、
Whyから考えているからです。

こう考えるとかなり思考がスッキリします!皆さんも是非やってみてください!

では!

こんな人にオススメ

・思考法に着いて学びたい人
・論理的に表現したい人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

one × five =

Read4Lead管理人