〜「おもしろい人」の会話の公式〜 Reader瑞季Vol.49

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「おもしろい人」の会話の公式

★学び

会話がおもしろくなる7つの公式

①話の中で矛盾を見つけられる

おもしろいことを見つける視点として、
「矛盾を見つける」ということがあります。

Ex)
「孤独のグルメの店に
みんなで行こうよ」

こういう時面白い人は

「孤独なのにみんなで?」

と言える。

こういった隠された事実に人は
虚を突かれて笑うものです。

②のっかって否定する

「1回肯定」のルール

ただ単純に相手に乗っかってしまうことで
面白い返しにつなげることも出来ます。

Ex)A
「アゼルバイジャンってどこ?」
「ここ!」(世界地図の日本を指す)
「違うよ!」(返し)

Ex)B

「アゼルバイジャンってどこ?」
「ここ!」(世界地図の日本を指す)
「そうそう!って違うでしょう!」(返し)

どちらが場が盛り上がりますか?

シンプルです!

ボケには必ず乗っていく。
その後は普通に否定するだけで、
笑いは生まれやすいです。

「まず1回肯定」
のポジティブさが
会話を楽しくします。

③自慢話は「自虐」を添える

失敗は話しを面白くする大事な要素。
その中でも積極的に使いたいのが
「自虐」です。
これを僕は良く使います。

ただ人はいいところを見せたい。
うまく言った話や自慢をしたい。
そんなときのための
「自慢を自慢で終わらせないコツ」です。

それが自慢話に自虐を添えること。

Ex)
「アチーブメントで新人賞を頂きました!
顔は新人賞ではないんですけどね。。。」

よく僕も話す内容ですが、
こういう自分が感じているマイナスの感情を
出すと、自慢したい事を
話しながらも親近感のある
笑いにつなげることが出来ます。

「自慢」+「自虐」は
好印象を残せる。

④「一番」「優秀」「エリート」は笑いの種になる

優秀な人、エリート、
いわゆる世間では
絶対的な価値がある人やモノも
笑いをとるチャンスになります。

これを良く僕は鶴巻君の
例で使います。

僕:「アチーブメントの期待のホープ
鶴巻くんです!見てください!
彼、イケメンでしょう?」

会場:「確かにー」

僕:「・・・・嫌いです。」

これは良く笑いが起こります。

これはただ単に相手を嫌いって
言っているわけではなく、
「嫌い」って言いながら、
相手を立て、自分を下げています。
言っている僕の僻みも垣間見えて
面白いわけです。

⑤たとえ話の活用法

「虎の威を借る」型

これはすごい人の話をして例える方法です。
「自分は変らなきゃいけないんだ」
という話をしたとします。

その時に、

「イチローや王さんも、
毎年バッティングフォームを
変えていたんだって。
2人とも個性的なフォームだし、
自分の道を究めようとしているのかと
思っていたけど、びっくりだよね。
あんなにすごい人たちが変えているのに、
なんで自分はこのままで
いいんだろうって思ったよ」

と言うと、
「そうか、変るって大事だな。
だからこの人は挑戦しようとしてるんだな」
とわかってくれる。

話しをおもしろくするのに、
「例える」ということは
とても大切なことです。

うまく例えて話すと、
相手に
「おもしろい人だな」とか、
「自分のことをわかってくれているな」
と思ってもらえます。

⑥描写は「リズミカル」かつ「具体的」に

話す時は、具体的に描写した方が
おもしろいものです。

Ex)
「最近年で、肉が食べれなくなった」
「ほんとに、そうだよな」

ではおもしろくないですよね。

しかし、ここで
リズミカルにかつ具体的にを
活用すると、

Ex)
「最近年で、肉が食べれなくなった」
「昔は、タン、ロース、
カルビ、カルビ、カルビ、カルビ」
だったけどね」

と言うと、描写とリズムがあります。

こういう言い方をすることで、
インパクトが出てきて、
記憶に残る話となります。

⑦「愛されるハゲと愛されないハゲ」の公式

飲み会に行って明らかにヅラの人が居て
当人がそれについて触れなければ
誰一人それにつっこめない。

しかし、その当人が
「いやー、皆さん気付いてると思うけど、
カツラです!」
なんて言ってくれると
いきなりその人は愛されキャラになります。

コンプレックスについては、
カミングアウトするかしないかで、
その人のおもしろさの
度量を図っています。

僕もよく「老け顔」を
ネタにしますが、
最初にそのことを話すことで
多くの人が親近感を
持ってオープンに
話してくれます。

コンプレックスは最大の武器になる!!笑

これらの7つの方式は
よく僕も使うのでシェアしました🎵

ただ大切なのは
なぜおもしろい話をするか

それは




の為だと言うことを
忘れずに、

★こんな人にオススメ

*会話を長続きさせたい
*人を笑わせたい
*おもしろい自分をブランディングしたい
*モテたい

etc…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

nineteen + two =

Read4Lead管理人