~突き抜ける人は感情で動く~ Readerこっしーvol.12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
突き抜ける人は感情で動く

★どんな本

この本は、芦名さんの考え方や、どんな行動をしてきたかが書かれている本です。

この本を買おうと思った理由は、芦名さんのキャリアや考えが書いてある記事を読み、「この人おもしれえ!!」と思ったからです。笑

★どんな著者

芦名祐介(あしなゆうすけ)
1989年、神奈川県川崎市生まれ。アメリカンフットボール選手として慶應義塾高校、慶應義塾大学。U-19日本代表でそれぞれ主将を務める。大学卒業後は、電通に入社し、クリエーティブ局コピーライターとして活躍。プルデンシャル生命へ転職後、史上最年少で営業所長に就任。2015年に退職して米国ハリウッドに渡ると、舞台「BLOOD」で俳優デビュー。帰国後に芦名表参道株式会社を設立し、様々な活動をスタートさせている。

★学び

★人は自分の鏡

“周りが素直じゃないときは、自分が素直じゃないから。周りを尊敬できないときは、自分が尊敬されていないから。周りがサボっている時は、自分がサボっているから”

これをまさに感じました。

一流の周りには一流の人が集まる。
幸せな人の周りには幸せな人が集まる。
お金持ちの周りにはお金持ちの人が集まる。

ほんとそのとおり。笑

何もかも自分が源だなってすごく思いました。
昨日も大阪から東京まで車で帰っている時に、仲間と死ぬほど語りまくっていたのですが、お互い素でいれたんですよね。ありのままでいれた。

彼女曰く、それは僕がありのままでいるからだと言っていました。
最近僕がやっていることは、思った事は言う。感じたことはそのまま表現する。

自分の人生の価値観のキーワードに「ありのまま」が入っています。
どんな時でも自分らしくありのまま表現をする事。

まさに自分がやっているから人にも影響を与えられる。
幸せな人は人を幸せにできる。
だから幸せな人の周りには幸せな人が集まるのだと思います。

何もかも自分の師。
全ては学び。

★失敗したら明確な理由で終えること

勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし。
これは、プロ野球の名称野村監督の言葉です。確かにそうだなと思いました。

電気を発明したトーマスエジソンは電気を作るのに、何回失敗しているかご存知ですか?

・・・

・・・

何とその回数1万回です。。。

1万回失敗ってスゴイですよね。。笑
考えただけでも本当にすごい。笑

そして彼の言葉に彼が電気を発明できた理由があると思います。

「私は失敗していない。私は電気にならない物質を発見するのに1万回成功した」
というふうに言っています。

つまり、電気にならない物質を1万回発見したので、それ以外の物質で実験をし続けたから成功した。

シンプルなロジックですね。

それでもやり続けるエジソンさすがだなって思いますが。笑

だから失敗した時は必ず振り返りをして次に生かす。
本当にシンプル。
だって失敗したことを振り返って繰り返さなければいいだけ。笑
何もかもシンプル。

そして成功した時の要因、失敗した時の要因が分かれば、
成功する要因をひたすらやり続ければ成果なんて勝手に出るやん。。

っておもいました。笑
何ともシンプルなんだろう。。。笑

★感情から目的を付け加える

芦名さんから一番感じたことは、自分の感情にどストレートであるという事。
電通からプルデンシャルに転職しましたが、その理由は
プルデンシャルの先輩を全員ボコボコにしたかったかららしいです。笑

保険の営業マンですからゴリゴリの動物チックな人がたくさんいたのでしょう。
(芦名さんも見る限りゴリゴリの営業マンって感じですが。笑)

ただ単にそいつらを倒したい。その一心。
いやあ、何ともシンプルで単純。

よく目的目的といいますが、
目的から考えるのもすごく大事だと思いますが、
目的という枠組みがあったらそれを超えるものは出てこない。

結局何もかも目的の無いものはなくて、
目的を考えていないだけ。目的に辿りついていないだけ。

モテたい!!!!

というシンプルな感情も、その裏には必ず理由がある。

だから毎回目的目的って考えるのも大事だけど、
自分の心に正直になって、心の底からワクワクする圧倒的な願望を導き出した上で
俺ってなんでこれがしたいんだろう?

って考えることによって目的は生まれてくると思います。

ちなみに、目的って何の為にあるのでしょうかね?

目的の目的です。

僕は、長期的にプラスの感情を続けられるためにあると思っています。

感情はどストレートに進むためにあって、
目的は長期的に続けられるためにあると思います。

だから先に目的を考えると
長期的に考えるとどうなのか?という視点になってしまうので、
心からワクワクする願望が出てこない。

だからまずは心の底からシンプルに何をしたいのかを考えて、
その次に目的、理由を考えて、その感情のセーフティーネットを張る。
そうすることで、いつでもその時の気持ちに立ち返ることが出来る。

それこそが目的であるとすごく感じました。

★まとめ

この本を読んで一番感じたことは、
シンプルに自分の感情に素直になろうという事です。
良いと思ったらいいというし、ダサいと思ったらダサいという。
思った事は人に伝える。そのまま表現をする。

なんやかんやそれが一番幸せなんですよね。
だから僕の人生のキーワードはありのままなんです。

だって
どんな時でも自分に素直になれたらめちゃめちゃ楽しくないですか?
人に変に気を使わず、相手も自分と同じようにありのままになれる。

もう最高ですね。笑
一度きりの人生、自分に正直に、ワクワクして生きていきます!

こんな人にオススメ

・とにもかくにもワクワクしたい人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

eleven + 13 =

Read4Lead管理人