作者別: みやまい

人生を楽しく幸福に生きる法

~人生を楽しく幸福に生きる法~ Reader みやまい vol.4

★どんな本 人間関係とは、生きる上で切っても切り離せない関係であろう。人は一人では生きていけない。だからこそ良好な人間関係を築く技術が体得できたとしたら、もっと人は幸せに生きていけるんだということを考えさせられる本である。なぜ人間関係がうまくいかないのか、という「なぜ」の部分から、ではどうしたらいいのかという次のネクス…

続きを読む

幸せになる勇気

~幸せになる勇気~ Readerみやまいvol.4

★どんな本 人は幸せになるために生きているのになぜ「幸福な人間」は少ないのか?に対して、本当の「自立」と本当の「愛」をアドラー心理学の新しい古典『嫌われる勇気』の続編として書かれている。どうすれば人は幸せになれるか生き方を考える劇薬の哲学問答である。 第一部 悪いあの人、かわいそうなわたし 第二部 なぜ「賞罰」を否定す…

続きを読む

ルフィの絆力

〜ルフィの絆力〜 Reader.みやまいvol.3

◆どんな本 年代問わず、多くの人によって愛されているワンピースを 本によってより詳しく紐解かれている本である。 特に、人と人との強い絆を作り上げる言葉に焦点を当て、徹底的に解説されている。 「マンガで〇〇と書かれていることは、こういうことを表している」 ということが分かり、 深く内容を知れると同時に、 更に著者の意図を…

続きを読む

素直な心になるために

〜素直な心になるために〜 Readerみやまいvol.2

◆どんな本 第一章 素直な心の内容十か条 第二章 素直な心の効用十か条 第三章 素直な心のない場合の弊害十か条 第四章 素直な心を養うための実践十か条 最終章 素直な子悪露になることを願いつつ 一代で世界の松下電機を築き上げた男、松下幸之助。 その人間観・経営観の磯にあったのが、「素直な心。」 いかに素直な心が大切であ…

続きを読む

僕の命は言葉と共にある

〜僕の命は言葉と共にある〜 Readerみやまいvol.1

◆どんな本 3歳で右目、9歳で左目を失明し、14歳で右耳を、18歳で左耳を失聴した福島智による実体験の話である。 「しさくは きみの ために ある」と一人の友が伝えてくれた言葉により 両親や友、師との交流、フランクル、芥川龍之介、北方謙三、谷川俊太郎、吉野弘の詩、落語までに及び思索の跡を残していく。 残されたものと、直…

続きを読む