作者別: 玉城煇

頂きはどこにある?

~頂きはどこにある?~ Readerヒカルvol.27

★どんな本 谷間に住む不幸な若者。 彼は、まだ見ぬ世界を求めて 必死で山の頂きへと登り、 そこで不思議な老人に出会う。 老人が教えてくれたのは、 「山と谷の対処法」。 仕事と人生における 良い時期と悪い時期を 思い通りに操るスキルだった。 人生の谷にぶつかった時、 人生の山にたどり着いた時に、 何を思い、なにをし、 ど…

続きを読む

ゼロ秒思考

〜ゼロ秒思考〜 Reader ヒカル Vol.28

★どんな本 マッキンゼーで14年間活躍した著者の独自メソッド―― それは、「メモ書き」によって思考と感情の言語化をトレーニングすることで、どんな人でも確実に頭がよくなり、心も鍛えられるというもの。 著者が二十数年にわたって改良を続け、クライアント先で実践してもらうことで、すでに1000人を超える人が効果を実感している。…

続きを読む

人生ドラクエ化マニュアル

〜人生ドラクエ化マニュアル〜 Readerヒカル Vol.27

★どんな本 『人生ドラクエ化マニュアル』とは、 あなたの人生をドラクエのような、 血湧き肉躍る冒険ゲームに変えてしまう、 非常に危険な書物である。 平穏無難な人生を願うものは 決してこの書物に手を出してはならない。 スリル満載の、 ワクワクするような人生を送りたい人は、 是非手に取り、 この本を開いて欲しい。 定価5,…

続きを読む

チーズはどこへ消えた?

〜チーズはどこへ消えた?〜 Readerヒカルvol.26

★どんな本 この物語に登場するのは、 ネズミの「スニフ」と「スカリー」、 小人の「ヘム」「ホー」。 この2匹と2人は、 私たちの中にある単純さと複雑さを象徴している。 2匹と2人は「迷路」の中に住み、 大好きな「チーズ」を探す。 「チーズ」とは、 私たちが人生で求めるもの。 例えば、 仕事、家族、財産、健康、精神的な安…

続きを読む

神さまに教えてもらった負けない心のつくり方

〜神さまに教えてもらった負けない心のつくり方〜 ReaderヒカルVol.24

★どんな著者 キリスト教伝道師、モチベーションスピーカー。非営利団体「Life Without Limbs(手足のない人生)」の代表を務めている。 彼自身、生まれた時から重度の障害(四肢がない)を負っている。しかし、それにも関わらずいかにして逆境を乗り越え、夢を実現するかをテーマに、多くの聴衆の前で定期的に講演をし、世…

続きを読む

お母さんがコーチになれば子供の成績はグングン伸びる

〜お母さんがコーチになれば、子供の成績はグングン伸びる〜 Readerヒカル Vol.23

★どんな本 「私の子なんて…」 親は自分の子どもを誰よりも愛している一方で、 こんな思考を持っている人がとても多い。 成功してほしい、幸せになってほしいと思っているのにも関わらず、 無意識のうちに、子どもの可能性に親がフタをしている。 しかし、本質的に頭の悪い子はいない。 本質的に勉強が嫌いな子もいない。 親の接し方次…

続きを読む

〜世界がもし100人の村だったら〜 Readerヒカル Vol.22 

★どんな本 著者の長女は当時、中学生でした。 その中学校の担任の先生は生徒たちに、毎日学級通信を送ってくださる素敵な先生です。 その中の1つのメッセージがこの本になっています。 現在70億人以上いる人口を100人にした場合、 いろんな観点からどんな人がいるのかを表した一冊です。 子供と大人の割合や男女の割合から、文字が…

続きを読む

『一流の組織であり続ける3つの原則』

〜『一流の組織であり続ける3つの原則』〜 Readerヒカルvol.21

★どんな著者 白井一幸氏 北海道日本ハムファイターズ1軍内野守備走塁コーチ兼作戦担当。 駒澤大学卒業後、1983年ドラフト1位で日本ハムへ入団。 1987年ベストナイン、ゴールデングラブ賞受賞、 1991年には最高出塁率を記録。 現役引退後は日本ハムの球団職員となり、 2軍総合コーチ、2軍監督を経験。 2003年より1…

続きを読む

NOLIMIT 自分を超える方法

〜NOLIMIT 自分を超える方法〜 Readerヒカル Vol.20

⭐︎はじめに 〜酸素があれば何でもできる〜 昨日、CHALLENGE JAPANへ行ってきました! 吉田沙保里選手、栄和人監督をはじめ、 全8組のプレゼンターの方に、 命をかけてチャレンジをしていくことの 大切さ、素晴らしさを伝えていただきました! 本当に有難うございました!! 否定され続けても 絶対にできると信じ続け…

続きを読む

未来を拓く君たちへ

~未来を拓く君たちへ~ Readerヒカル Vol.19

⭐︎はじめに 2017.3.11. Change2期が修了しました。 数々の逆境がありながら、 集まった28名が全員最終発表会の場に 立つことができました。 一人一人が、渾身のプレゼンテーションをしてくれました。 そして、全員で「全体達成」をつくりだしました。 いろんなことがありましたが、 無事に修了して本当に良かった…

続きを読む