作者別: あっこ

~「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく―東大読書~ Readerあっこvol.8

★どんな本 みなさんは勉強をしていて、読書をしていて、こんなことを思ったことはありませんか? 「ちゃんと勉強しているはずなのに、どうしてこんなに身にならないんだろう…?」 「やはり自分は地頭が悪いのだろうか…?」 私も「こんなにやっているのに…!」と思うことがあります。 本書の著者である西岡さんも、東大の合格に、3度の…

続きを読む

~営業は断られたときから始まる~Readerあっこ Vol.7

★どんな本 社会人となり3カ月が経過。 私は直接営業の仕事を行っている訳ではないけれども、「人はみなセールスマン」という言葉から考えると今でも沢山の「NO」を言われている。 どんなに商品に自信があったとしても… どんなに自分の願望を伝えたとしても… 自信があればあるほど、NOという言葉は次への一歩を踏み出すブレーキとな…

続きを読む

~マッキンゼー流 入社1年目ロジカルシンキングの教科書~Readerあっこ Vol.6

★どんな本 なぜ、マッキンゼー出身者は各業界で活躍できるのか? その秘密はマッキンゼーの新人研修&OJTにあった。 本書ではマッキンゼーの厳しい新人研修のエピソードを紹介しながら、 そこで叩き込まれる「マッキンゼー流ロジカルシンキング」のエッセンスを解説する。 本書を読むことで、誰もが短期間で「ロジカルシンキ…

続きを読む

~イチロー式逆境力~ Readerあっこ Vol.5

★どんな本 イチローの野球人生は「逆境」の連続だった!仕事上の「ピンチ」を「チャンス」に変える!こんな時代だからこそ効果的!究極の思考パターンをイチローから学ぶ。 ★どんな著者 児玉/光雄 1947年、兵庫県生まれ。鹿屋体育大学教授。京都大学工学部卒業。学生時代テニスプレーヤーとして活躍し、全日本選手権にも出場。カリフ…

続きを読む

絶対にミスをしない人の脳の習慣

~絶対にミスをしない人の脳の習慣~ Readerあっこvol.4

★どんな本 「ミス」は自分ではなく「脳」のせい 「仕事が終わらず居残りになってしまった」 「ささいなミスで、全部やり直しになってしまった」 「予定をうっかり忘れてしまい、友達との関係が悪化した」 誰でもこのようなミスはあるはずです。 今までミスしたことのない人はいないでしょう。 しかし、同じ業務であってもほとんどミスを…

続きを読む

「一瞬で決断できる」シンプル思考

~「一瞬で決断できる」シンプル思考~ Readerあっこvol.3

★どんな本 フィジカルに恵まれていたわけでもなく、足も速かったわけでもなく、ドリブルでごぼう抜きするような突破力もなかったという遠藤。 しかし、それでも18歳からプロ入りして約20年弱、もうすぐ38歳となる現在もチームのレギュラーを渡す気はない。 その遠藤が、サッカーを通じて得た経験やノウハウをもとに、「先を読むための…

続きを読む

つくし世代

~つくし世代 「新しい若者」の価値観を読む~ Readerあっこvol.2

★どんな本 『ゆとり世代』『さとり世代』と言う言葉でひとくくりにされがちな現代の若者。 2002年度からの学習指導要領により、「ゆとり教育」の洗礼を受けた『ゆとり世代』では、競争自体が消滅しよく言えば「マイペース」、悪く言えば「受け身」と言われてきた。 そして次には、《消費をしない・上昇志向がない・恋愛に淡白》などの特…

続きを読む

~すぐそばも幸せにできないで。ー半径5メートルのレシピー~ Readerあっこvol.1

★どんな本 「あなたが本当に幸せにしたい人は誰ですか?」 「あなたが本当に幸せにしたい人は誰ですか?」 「今、頭に浮かんだその人はきっとあなたのすぐそばにいる人ではないでしょうか?」 そんな問いかけから始まる1冊。 100人いれば100通りの幸せがあるように、 全ての方にとっての「幸せ」に正解はありません。 やり方や方…

続きを読む